文化的な提供
女性シンガーソングライターホフェ驚異14日午後6時二番目のシングル「キム・チョルス氏の話」を発売した。

「キム・チョルス氏の話」は、ホフェ驚異去る1月に発売したデビューシングル「何も気にしない」以後9ヶ月ぶりの新譜で、ホフェ敬意綺麗ですが、悲しみが伺える、独特の音色のフォークバラード曲だ。

今回はインディーズレーベル文化人と一緒に作業して、より完成度の高い曲を作った。

ホフェ卿”「人生はいつも勝手に流されないが、その流れの中で、些細な幸せを探していくのが私ができる最善のようだ」という思いから始まった曲」と明らかにし、「歌詞に登場する「愛」という言葉が絹異性間の愛ではなく、すべての関係から来る愛、それに応じてくる悲しみと悲劇ということが重要だ」と曲のメッセージを伝えた。

前作で私事にこだわらない人生を生きてみたい風を込めてリスナーに共感と慰めを伝えホフェ卿リアルな歌詞と、自分だけの個性を盛り込んだ「キム・チョルス氏の話」を通じて秋感性を濡らす。

ホフェ敬意二番目のシングル「キム・チョルス氏の話」は、14日午後6時から、様々な音源サイトを通じて公開がされた。

ソンボンソク

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!