グループドリームキャッチャーがカムバック記念オン・オフラインコンサートを成功裏に終えた。

2022/04/13/0000151589_001_20220413103801613.jpg?type=w540″>

ドリームキャッチャーは去る12日午後、正規2集『Apocalypse:Save us』発売記念ミニ。

この日、ドリームキャッチャーはシンボの収録曲「君のため」の舞台でコンサートの幕を開いた。続いてファンとときめきは初挨拶を交わして久しぶりのカムバックに格別な小会を明らかにした。まず「ファンの方々の顔が本当に見たかった。拍手だけでも感動的な瞬間だ」とムンクル感を伝えた。また「空白期が長かった理由がある。舞台で見せてあげる。しばらく揺れた心があれば確かに捕まえる」と自信を見せて期待感を高めた。 7色のソロステージが繰り広げられた。まず、自由はペットのチェリーをテーマにした曲「Cherry」の舞台で明るいエネルギーをプレゼントした。続いてハン・ドンは自分の名前と同じタイトルの「真冬」を披露して注目を集めた。また、デモは「ファン・ホギョン」の舞台を通じて今まで見せたことのない東洋的な魅力を発散した。

ダミーはエネルギーあふれる「Beauty Full」を通じて格別な活力をプレゼントした。スアは制御されない二重性を込めた「No Dot」のステージを飾り、魅惑的な姿を現した。ユ・ヒョンはスタンドマイクを活用した「For」を通じてファンへの愛を歌った。最後に可愛い同心を込めたガヒョンの’Playground’まで多彩なソロ饗宴が次々とグローバルファンを魅了した。ドリームキャッチャーは、独特の強烈なエネルギーと目が離せない軍務を通じて名不虚戦パフォーマンス職人のクラスを証明した。ファンの皆さんの力を受けて今回の活動面白く上手にできそうだ。皆さん愛しています。ミニコンサートを成し遂げたドリームキャッチャーは、タイトル曲「MAISON」で活発な音楽活動を繰り広げる。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!