タグラム

ウェブトゥーン「女神降臨」のヤヨンが作家がスーパーカー認証ショットを撮って自分の車ではないと素早い解明を残した。

複数枚を掲載した。ヤヨンが作家が所有していたF社輸入車ブランドのロゴが目立つ。

写真の中の黄色いノースリーブニットに高級バッグをマッチし、ラグジュアリー春のファッションを完成したニャンが作家は車両の座席に座って多彩なポーズをとりながら存分に気分を出している。

写真とともに黄色いハートの絵文字を残したニャンが作家は「私の車ではない」というハッシュタグを付け加え、過去高価スーパーカーをめぐる騒動を意識したような反応を見せた。

人気ウェブトゥーン「女神降臨」として広く知られているヤヨンが作家は先月、Mo YouTubeチャンネルに公開された家たちが映像で高価な外除車をはじめ、高級感溢れるドレスルーム、美術品などを紹介し、申込を待っていると言及した。

以後非難が続くと謝罪文を残した彼は自分が所有していた4億台のスーパーカーフェラーリローマは売却することにしたとし「今4億スーパーカーのタグは落ちますね」と明らかにしたことがある。

▲出典|ヤヨンが作家”https://ssl.pstatic.net/mimgnews/image/477/2022/04/14/0000353137_003_20220414060103717.png?type=w540″> ▲ソース|ヤヨンが作家インスタグラム<10がスーパーカー認証ショットを撮って自分の車ではないと素早い解明を残した。 13日、ヤヨンが作家は自身のSNSに高価輸入車の中で撮影した写真を複数枚掲載した。


山口 建次

映画鑑賞が趣味です。 また、世界の多様な文化に大きな関心を持っています。 毎日新しいニュースをお届けします。