1年ぶりに戻るカン・ダニエルがついにカムバック関連の初のメッセージを伝えた。最近、米国グラミーを通じてカムバックニュースが伝えられた後、本格的なカウントダウンを知らせる信号弾だ。

1分30秒分のトレーラーはシーンごとに強烈な印象を与えている。一つの通路でつながった部屋を通るたびに、カンダニエルの様々な姿が興味深い。最後の頃「The Story」と刻まれた本、長い机の上に並んでいる空の紙、そしてすべての物語はインスピレーションを与えるという「Every story inspires a generation」の一節は深く濃い余韻を残した。

カンダニエル写真は24日に確定した。昨年4月のミニアルバム「Yellow」以後13ヶ月ぶりだ。昨年音楽性とパフォーマンスで圧倒的な存在感を刻印させた「PARANOIA」、「ANTIDOTE」に続く後続作なので期待感が増幅されている。

他の詳細は疑問符として残り、疑問を引き起こします。ソロデビュー以来、3枚の「COLOR」シリーズミニアルバムを発売してきたカン・ダニエルが今回はどのような形に戻るか熱い照明が集中している。

カン・ダニエルのカムバックは先月、米国グラミー「プレスプレイ」を通じて初めて知られ、非常な注目を集めた。 Kポップソロアーティストは初めてで、カンダニエルのグローバルポテンシャルをグラミーが認証してくれたわけだ。今回のカムバックがさらに期待される要素の一つだ。

コネクトエンターテイメントは「長い時間待ってくれたファンのためにカムバックシグナルを多少早くお届けする」とし「既存方式よりも多様で興味深いコミュニケーションを企画している。カムバックをフェスティバルのようにみんなで楽しむ、意味ある時間になるだろう」と耳を傾けた。コネクトエンターテイメントは2日0時、公式SNSにThe Storyトレーラーを公開した。最近、アメリカのグラミーでカムバックのニュースが伝わった後、

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!