type=w540″>

[OSEN=ジミンギョン記者] 歌手ファン・チヨルが4番目のミニアルバムに戻る。 4枚目のミニアルバム「By My Side」(バイマイサイド)を発表する。そびえ立ったファン・チヨルの新報にリスナーたちの注目が集中している。 (Falling In Love)’,’最後に一度だけ抱きしめよう(Once Again)’,’Eyes On Me’,’愛は別れだった(Love Is…)’など計5曲が収録された。 >

ファン・チヨルが8ヶ月ぶりに発表する新しいアルバムだけに期待感が絶頂に達した中で、今回のアルバムをさらに特別にするリスニングポイントを見てみた。

#自作曲+アルバムプロデュース=愛着いっぱい’By My Side’

ファン・チヨルはこれまで多数の自作曲を通じて作詞、作曲能力をすべて備えたシンガーソングライターの能力を披露してきた。今回のアルバムでも自作曲「最後に一度だけ抱きしめてみよう(Once Again)」をはじめ収録曲「Eyes On Me」作詞に参加して感性シンガーソングライターとしての面貌を残念に見せる予定だ。

また、ファンチヨルは今回のアルバム全体のプロデュースに参加し、特別な愛着をもって完成した。それだけ自分だけの色を鮮やかに込めた音楽で完成度を高めた。

#多ジャンルに収められた多彩なボイス

今回のアルバムではバラードをはじめ様々なジャンルの曲が収録された。タイトル曲「なぜ今に来たのか」は、本物のバラード曲でファン・チヨルの主特技である切ない感性を感じることができる見通しだ。

Falling In Love)」、ビオラと会話をするようにやり取りするメロディーが印象的な「最後に一度だけ抱きしめよう」(Once Again)、ファンキーをベースにしたポップ「Eyes On Me」、強力なロックサウンドの「愛は別れだった」 (Love Is…)などファン・チヨルの多彩なボイスを確認することができる。

曲「なぜ今に来たのか(Why)」は別れの後悔する一人の男の心を描いた曲だ。ストリング旋律がファン・チヨルの訴え力濃いボイスと出会い、切ないことを一層増幅させる。愛にもつなげることができるが、ジムに行く時、私がダイエットを「なぜ今やって(Why)」後悔する姿とつながることができる」と話して笑いを抱いたことがある。このように少し共感ポイントを誘発する歌詞が聞く楽しさを加える予定だ。発売して、タイトル曲「なぜこれから来る(Why)」で本格的な活動に突入する。/[email protected]

[写真]テントエンターテイメント

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!