歌手ソンウジョンアが寂しい感性を込めた「ソウルチェックイン」新しいOSTを披露する。 (Check-In)」を発売すると明らかにした。番組タイトルの「ソウルチェックイン」で誕生した。 「輝くほど濃くなる影は暗すぎる」、「やはり帰ってきたこの街には残ったのは思い出だけで」など見知らぬ所でも揺れないしっかりした自分自身になりたいという気持ちを込めた歌詞とムードを反映してさらに深い響きを伝える。

「チェックイン(Check-In)」の作詞、作曲、編曲を担当したシンガーソングライターヘンは、JTBC「メロが体質」でクォン・ジナが歌った「慰労」を直接作詞、作曲、編曲し、名前を知らせ、最近「私の解放日誌」OSTである「フック」では、作詞、作曲、編曲だけでなく直接歌唱まで引き受け、ヘンマンの暖かい感性で人気を集めている。

受けずに多様な音楽的挑戦を披露している歌手であり音楽プロデューサーであるソン・ウジョンアが引き受けた。ソン・ウジョンアの声は「チェックイン(Check-In)」特有の雰囲気をさらに繊細に満たしてくれる。特にサンウ・ジョンアの直接積み重ねられたコーラスがメロディーと完璧な調和が調和して録音現場当時も現場スタッフたちすべて「やっぱりサンウ・ジョンア」という絶賛を注いだという裏話だ。ユランダン再会などレジェンド歌手の組み合わせで話題を集めて視聴者たちに大きな感動とムンクルムをプレゼントしている中、サンウジョンアの特別な声とディテールな感性が込められた’チェックイン(Check-In)’は共感と慰めをさらに極大化させることが期待される。ティービングオリジナル「ソウルチェックイン」は来る14日正午6回目のOSTであるソン・ウジョンアの「チェックイン(Check-In)」を発足

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!