容疑で起訴されたグループB.A.P出身の力賛(本名キム・ヒムチャン)が24日午後、ソウル瑞草区中央支法で行われた1審宣告公判に出席している。宣告期日で懲役10ヶ月と40時間性暴力治療プログラムの履修を宣告した。/写真=キム・チャンヒョン記者chmt @
強制推行容疑で2審裁判中のグループB.A.P出身ヒムチャン(32、キム・ヒムチャン)がまた同じ容疑で被訴された。強制推行を受けたという女性2人の申告を受け、事実関係を確認するためにCCTVを確保して捜査中だ。で女性2人を推行した容疑を受ける。 2人の女性のうちの1人は外国人です。 2人の女性は事件発生数時間後に警察署を訪れ、被害事実を報告した。ある女性が食べ物を待っていた間、ヒムチャンが携帯電話を無断で持って行き、これに抗議すると、ヒムチャンが外部階段で腰を両手で包んだと主張した。もう一つの被害者は、力強い者が自分の胸に触れる感じがあってすぐに強く抗議したと主張している。開いて出て危険防止の次元で避けられないように身体接触がなされただけだという立場だ。性的な意図は全くなかったというのが力強い側の主張である。ヒムチャンは2018年7月24日、京畿道南楊州市チョアン面のあるペンションで同行した20代女性Aさんをセクハラした疑いを受けて上訴審裁判を進めている。 1審は昨年2月、ヒムチャンに懲役10ヶ月を宣告し、40時間の性暴力治療プログラム履修命令を下した。ただし、被害者と合意のために拘束されなかった。

以後、力賛は1審判決に不服して2審裁判が続いている状況だ。ヒムチャンは4月12日に開かれた控訴審の初裁判でこれまで否認していた強制推行容疑をすべて認めた。した。当時、ヒムチャンはソウル江南学洞交差点近くで飲酒運転をしてガードレールを受け取る事故を起こした。チームは2019年の所属事務所と専属契約が満了し、事実上解体した。

公ミナ記者 [email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!