社団法人韓国音楽著作権協会提供
ソウル中央地方裁判所がCJ CGVの映画『ボヘミアン・ラプソディ』無断音楽使用に対して損害賠償判決を下した。映画『ボヘミアン・ラプソディ』が国内で累積観客約千万人を記録するなど興行したことがある。

しかし、CJ CGV(以下「CGV」)は、映画で使用されたQUEENの曲31曲の使用料を支払っていませんでした。ソウル中央地方裁判所(以下「裁判所」)に提起した損害賠償請求訴訟で、5月12日、裁判所はCGVに損害賠償額約1億1千万ウォンを支給するよう宣告した。

CGVは、今回の訴訟で、ハン・ボムヒョンが「ボヘミアン・ラプソディ」内で使用された海外音楽に対する使用料徴収権がないと主張したが、裁判所は、QUEENの曲を管理する英国音楽著作権団体PRS for musicと音底協との間で締結されている相互管理契約によって韓国で使用される英国音楽に対して音帆協が著作権使用料を徴収する権限があると認めた。

映画の輸入時にCGVが配給会社に支給した対価には音楽著作権使用料まで含まれており、音底協に使用料を支給する義務がないと主張した。しかし、裁判所は、CGVの主張をすべて認めず、CGVが音底協の利用許諾なしに映画に挿入された音楽を公演(上映)した行為は著作権侵害と判断した。

について「これまで海外映画は音楽著作権使用料を支払わなくてもよいという誤った慣行を正すきっかけになる可能性があるという点で意味があり、韓国が文化先進国として一歩進んでいるようで嬉しい」と話した。一方、今回の判決は、映画館上映だけでなく他の媒体での音楽使用に影響を及ぼすことができるという点でも大きな意義がある。例えば、CJを含む国内OTT事業者も著作権使用料を正当に支給しておらず、陰底協と紛争を続けているが、OTT事業者が繰り広げている主張には今回の映画訴訟でCGVが主張した論理が一部含まれているためだ。

韓音底協は「私たちはまだ著作権認識が不十分で、一度問題になるまでは使用からやってみようという認識が膨らんだが、今回の判決を通じて韓国の著作権認識が高まることを願う」ソウルの中央地方裁判所がCJ CGVの映画「ボヘミアン・ラプソディ」の無断音楽使用に対して損害賠償判決を下した。去る2018年、QUEENのボーカルフレディマーキュリーの一生を込めた映画「ボヘミアンラプソディ」が国内で累積観客約

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!