p> [ニュースエンパク・ユル記者]クォン・ジンアが単独公演「The Dreamer」(ザ・ドリーマー)を成し遂げた。ホールで2022クォン・ジンア単独公演「The Dreamer」を開き、ファンと会った。前回車全席完売で話題を集めた今回の公演はクォン・ジンアの独歩的なボーカルと感性で120分を満たして拍手喝采を受けた。

/mimgnews/image/609/2022/06/06/202206061424411910_3_20220606142803724.jpg?type=w540″>

今回の演奏は夢を思わせる夢幻的なアンビアンを飾って自由に夢を見て幸せを見つけてくれるクォン・ジンアの話が繰り広げられることを予告した。 Silly Loveをはじめ、「KNOCK」、「側」、「Lonely Night」、「花言葉」など多様なステージを披露し、観客の目と耳をひきつけた。

クォン・ジンアは今回の演奏のため実力を披露し、ここに直接エレキギターを演奏してコンサートの熱気を引き上げた。ファンと温かくコミュニケーションをとった。/p>

続いてクォン・ジンアは「今日何をしたのか教えてください」、「彼女が言った」、「慰め」、「終わり」、「運が良かった」、「私の形」など別れと慰めをテーマにしたヒット曲を続けて披露し、観客と呼吸するかすると、独歩的な感性ボイスで観客たちの心を書かれた。パフォーマンスを完成させ、完璧にフィナーレを飾った。

“>

ファンの熱い声援にクォン・ジンアは”皆さんの拍手と歓声を久しぶりに入ってとても幸せだった”と”こうして私の歌を聞いてくださる皆さんのおかげで感謝した時間だ”と感謝の心を伝えた。

これと共にクォン・ジンアは「「3日間公演が上手にできるか?」と思ったが、公演をしてみるともっとできると思う」とし「公演を準備する過程も、する瞬間とても幸せでした。会場に来てくださったファンの皆さんに本当に感謝しています。/202206061424411910_7_20220606142803768.jpg?type=w540″>

このように7ヶ月ぶりに開催されたクォン・ジナの単独公演は、合計21曲の豊かなセットリストで「オーラウンド」感じる時間だった。 >一方で成功的に単独公演を終えたクォン・ジンアはMBC「遊んだら何するの?」 WSGワーナビー最終メンバーとして選抜され、さらに活発な活動を広げる予定だ。クォン・ジンアが単独公演The Dreamer(ザ・ドリーマー)を成し遂げた。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!