p>(エクスポートニュースハ・ジウォン記者)ガールズグループピクシー(PIXY)が3番目のミニアルバム「REBORN」のハイライトメドレーを公開し、カムバックに本格的なブーツをかけた。

チャンネルとSNSアカウントを通じて3番目のミニアルバム「REBORN」の全曲音源ハイライトが盛り込まれた映像を公開し、カムバックに対する期待感を一層引き上げた。’をはじめ、’息’、’NATURAL’、’DEJA VU’、安否’、’SWAN SONG’など新しい世界観’Dark City’最初の話を盛り込んだ魅力的な6つの収録曲が込められており、発売前から完曲に対する国内外ファンたち気になることを刺激している。ダムは「ヴィラン(VILLAIN)」、ブルージーなサウンドの現代的なポップで息のように絶対的な愛に対する渇望を表現した「息」、80年代スタイルのレトロなサウンドとリズミカルなベースラインとシンプルなドラムリズムでディスコ感を加えた。 NATURAL’までハイライトメロディーでピクシーのアップグレードされた音楽の世界を感じることができる。

/0001459877_002_20220610180803893.jpg?type=w540″>

続いて中毒性のあるメロディとピクシーメンバーのパワフルなボーカルとエネルギーが感じられる「DEJA VU」、アコースティックギターと8この組み合わせ曲でファンに向けた心を込めた手紙のような歌詞が印象的な「安否」、ロックサウンドベースのK-POPで強烈なギターラインが印象的な曲に変わってしまった恋人に告げる最後の挨拶を語る「SWAN SONG」まで順次再生され、ピクシー本人だけのユニークさを失わずにトレンディさを見逃さない第3ミニアルバムの完成度を垣間見ることができる。以後半年ぶりにカムバックを予告したピクシーは限界のないコンセプトと爆発的なパフォーマンスで国内歌謡界を代表する「コンセプトドル」に位置づけ、優れた実力をもとに世界中のK-POPファンに注目されている第4世代代表ガールグループ今年の夏の差別化された色で大衆の五感をひきつける予定だ。

写真=オラートエンターテイメント、ハッピートライブエンターテイメント

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!