/image/001/2022/06/11/PYH2022060311180000500_P4_20220611071008094.jpg?type=w540″>グループ防弾少年団(BTS)
[ビッグヒットミュージック提供。再販とDB禁止] [email protected]

(ソウル=ヨンハップニュース) moment is yet to come)

グループ防弾少年団(BTS)の新しいアルバム「プルーフ」(Proof)がベールを脱いだ中、今回のアルバムが「ワールドスター」として位置づけられた7人のメンバーの旅に新しいマイルストーンになるか関心が集中する。

キム・ヨンデ音楽評論家は11日、連合ニュースとある通話で「アンソロジー(Anthology・アルバム)アルバムである「プルーフ」はアーティストの立場である程度キャリアが完成した後にしか可能なアルバム」と話した。

キム評論家は「『昔のトゥ・コム』(Yet To Come)、『走れ防弾』など新曲に加え、新たに編曲した曲、未発売曲までBTSの音楽世界を一目で眺めることができるアルバム」と説明した。

チョン・ミンジェ大衆音楽評論家は「今までが「正常」に向けた旅であったら、今はどう進むべきかという悩みがあるはずだが、そのような点で一度ほどまとめていく「良い企画」と評価した。

彼は「昔のトゥコム」について「国内ファンはもちろん、防弾少年団をよく知らない大衆にも届ける曲」とし「ファンが好きな「春の日」に続いて国内で反応が良い歌になることもある」と見た。

評論家たちは、メンバーRMが「チャプター(Chapter)1を終える特別なアルバム」と紹介した点に注目した。

キム・ドホン大衆音楽評論家は「防弾少年団はデビュー後、これまで「圧縮高度成長」と呼ばれるほどドラマチックな過程を経たが、頂上で息を選んだ後、新しいチャプターに進もうとする意図が見られる」と説明した。

キム・ヨンデ評論家はデビュー後、これまでの活動を「証明」と定義し、「防弾少年団というグループは小さな企画会社から始まり、世界最高のグループになり、韓国という国家がKポップ王国を作るのに起爆剤の役割彼は「今、何かは「証明」しようとする努力よりは「アーティスト」としての道を見せようとするだろう」と見た。

歌謡界では、世界中のファンダムを持った防弾少年団が新しいアルバムでどんな成績を出すか注目している。

防弾少年団は2020年のベストアルバム「BE」とタイトル曲「ライフゴスオン」(Life Goes On)で、アメリカのビルボードメインアルバムチャート(ビルボード200)とシングルチャート(ホット100)で1位当時、防弾少年団はアーティストの人気と認知度を示す「アーティスト100」チャートでも1位を占め、これら3つのチャートを同時に席巻した唯一のグループに名前を上げた。

2021年9月7日基準防弾少年団のビルボード成績 [連合ニュース資料写真]ツーダンス(Permission To Dance)などが次々とヒットして成績を出した点を考慮すれば、ビルボード「正常」もやはり難しくないだろうという展望が多い。

キム・ジンウガオンチャートシニア研究委員は「防弾少年団の強力なファンダムを考慮すれば、ビルボードメインシングルとアルバムチャートで同時に1位に上がることも十分可能だ」とし「最近の流れを見ると新規ファンダムも着実に増える」トレンド」と分析した。

ただし、’ホット100’チャートで長期執権するのは容易ではないという展望もある。

英語の曲だった「ダイナマイト」、「バター」とは異なり、「昔のトゥコム」はハングルと英語の歌詞が似た比重を占める。過去の活動を振り返るメンバーたちの心情が込められた歌の雰囲気も多少’マランマラン’や’柔らかい’感じだ。

チョン・ミンジェ評論家は、「発売直後、「ホット100」チャートのトップに上がるいわゆる「ホットショット」は可能だと思うが、海外よりは国内ファンにもっと集中しただけに、チャートで「ロングラン」(long-run)することは難しいかもしれない」と見通した。

防弾少年団はデビュー9周年を迎える13日ファンの前で新曲舞台を初めて披露する予定だ。

これらは以後、Mnet「Mカウントダウン」、KBS 2TV「ミュージックバンク」、SBS「人気歌謡」など音楽番組にも2年ぶりに出演するが、最近歌謡界の傾向を見ると活動期間が長くはないという観測が多い。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!