p> [ヘラルド経済=イ・ミョンス記者]加皇ナフンアが2018年平壌公演に参加しなかった本当の理由を明らかにした。ナフナがデビュー55周年全国ツアーコンサート「ドリーム55」初公演日。ナフナが2003年発表曲「ボール」の「ティリ~ティリ~ティリ~リリ~」サビを歌った途中、2018年ムン・ジェイン政府時代、チョ・ヨンピルイ・ソンヒレッドベルベットなど有名歌手が総出動した「平壌芸術団訪朝公演」参加を拒否した理由を明らかにした。ところで太ったあのは、あのこもぶを高射砲で撃った直で、あの異服型を薬で直し、当会議するときに夢中になると直立して。そんな太った人の前でこの世に~一つしか~二人もいない~勝ち出てきますか? 2018年の平壌公演で、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長はなぜナフナが来なかったのかを尋ね、ト・ジョンファン当時文化体育観光部長官は「スケジュールが忙しくて」と答えたという。しかしこの日彼の言葉は違った。 「私は忙しくて行けなかった。忙しくてできないカンゲアイゴ、殴り殺しも(歌が)出てこない方が右ハヌ。目の前にいるなら、耳たぶを手に入れる必要があります。」と言った。

今年75歳になった彼は、「来年の公演を大胆にできるとは知らない」とし「拍手をするときに去る。絶対舞台で拍手を頼むことはない」と話した。 「その年齢でよく歌うという声が一番嫌いだ」と笑ったが、その言葉が無色に初曲「テス型」からアンコール曲「ガムリ」まで合計22曲を全部一人で熱唱した。今年出した新曲の中で「チェンジ」の時は、マイケル・ジャクソンのような姿で直接踊って歌い、「ちゃんちゃん」の時は生きている言葉に乗って舞台に出た。それでも足りなく「アンコールの代わりに良い国産馬を使いましょう」とし「また、また」で観客呼応を誘導すると、当初予定された2時間より30分長く歌った。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!