[ヘラルドPOP=パク・ソヒョン記者]/202206131021540058726_20220613102314_01_20220613102401636.jpg?type=w540″>
2amが9年ぶりのコンサートを盛況裏に終えた。

2ホールで単独コンサート「2am Concert 22 S/S」を開催し、ファンと会った。

2amは7年ぶりに発表した完全体アルバムタイトル曲「近づいて知らなかった」を皮切りに「ナタナジュラ」、「後悔するよ」でコンサートの華やかな幕を上げた。続いて「全能を受けない君に」、「君も私のように」で甘くパワフルなハーモニーを披露して熱い歓声を導いた。を思い出してファンと嬉しいご挨拶を交わした後、’今日のこと’、’ある春の日’、’Always Me’、’天使に’、’どうしよう’、’清婚’まで特有の感性をそっくり伝え、濃い感動を抱いた。

この他にも、2amは「Next Level」、「Eleven」、「Kill​​ This Love」、「ローリン」などガールズグループメドレーをアコースティックバージョンで披露したのに続き、メンバーごとの個人ステージではこれまで見られなかった魅力公演最後の2amは9年ぶりのコンサート開催に所感を明らかにし、目を閉じた。チョ・グォンは「舞台で一緒に歌う時が一番幸せだということをまた感じた。ここに来たすべての方々が私たちのような心で感慨が新しくなりそう。今後も2am、メンバー一人の活動に多くの期待と応援お願いします」と話した。 。チョン・ジヌンは「今後2amアルバム、公演着実にお見せできるよう努力し続けるから見守っていただきたい。コンサートに来てくれてありがとう」と感動と感謝の気持ちを表現した。

一方、最近7年ぶりに完全体でミニアルバム「Ballad 21 F/W」を発表したことがある。

[写真提供=文化倉庫]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!