“>

、リュ・ヨンソクが私の多くの「男性の側」に変身する。殺したい誰かができてしまった三人の女性の物語を扱うミステリー幕末アクションノワールブラックコメディだ。劇中、回避力の終盤王であり殺罰した復讐戦のターゲットとなった二人の夫、ナム・ムヨン、キム・ウビンをそれぞれ演じるキム・ヨンジェとリュ・ヨンソクは直接キャラクタービハインドストーリーを伝えた。キム・ヨンジェは「キム・ユンチョル監督との縁が最大の理由のようだ。作品を一緒にしたいという気持ちを増やしたが、こんなにナム・ムヨンキャラクターに会えるようになってとても嬉しくて感謝の気持ちが大きい」と話した。

「人生をそのまま受け入れることができず、回避しようとする。だから妻のチェ・ヒス(イ・ミンヨン)に直面せずに距離感を置く。心の中にあるため息を表現してみると、自然にナム・ムヨン(キム・ヨンジェの方)に溶け込んでいる」と説明した。夫のキム・ウビン役のリュ・ヨンソクは、「台本を初めて読むとすぐに考えたのは、「斬新さ」だった。座った席でみな読めるほど面白くてぜひやりたかった」とした。

type=w540″>

p>

妻の幸せのためにヤン・ジナのそばを離れるという以外に、まだ情報が明らかになっていないキム・ウビンキャラクターについては「よく騙され欺く人物」とし「キム・ウビンがなぜそんな選択をしなければならなかったのかキャラクターが持つ正当性と瞬間の目標に集中して演技した」と話した。

二人の俳優は観戦ポイントも言及した。キム・ヨンジェは「三魔女の立場になってみるとサツマイモとサイダーを同時に感じることができるようだ」とし「夫がどのように壊れるのか、それで幸せな人生を訪ねていくのか私も気になるほど」と言った。

それとともに「魔女たちの復讐戦が進行される過程で逃げ出した鉄のない子供のようなナム・ムヨンがどのように成長するのか見守っていただきたい」とし「そう大人になる」という文を付け加えた。

夫婦が描くエキサイティングなストーリーと復讐戦の緊張を逃せない反転が隠されている。コミックさとスリラー、そして残酷まですべて揃った総合ギフトセットのようなドラマで覚えていただきたい」と伝えた。 p>

東亜ドットコムホン・セヨン記者[email protected]


山口 建次

映画鑑賞が趣味です。 また、世界の多様な文化に大きな関心を持っています。 毎日新しいニュースをお届けします。