防弾少年団の「プルーフ」がオリコンのウィークリーアルバムチャートに登場し、今年日本で最大の最初の週の売り上げを記録しました。

この国で販売された防弾少年団のアンソロジーアルバムのコピー数を確認するために読み続けてください。

防弾少年団の「プルーフ」がオリコンで1位になりました2022

6月21日、Oriconは正式に防弾少年団の「プルーフ」が6月13日から19日のウィークリーアルバムチャートで1位にデビューしたことを発表。アンソロジーアルバムは印象的です。最初の週に514,000枚の売り上げを記録しました。

(写真:Facebook:BTS)
BTS”プルーフ’は、2022年の最初の週の売り上げが最も多いOriconで1位になりました

この2022年の最初の週の売上高を記録したことに加えて、「プルーフ」は外国人アーティストによる最初の週の売上高で5番目に高いものも達成しました。オリコンの歴史の中でのアルバム。

外国人アーティストのアルバムによる最初の週の売上高トップ5のリストで、BTSは2位と4位を獲得し、現在は5位になっています。 septetは現在、日本で史上初週に最も売れた3枚のアルバムを持っています。リストにある他のアルバムは、「MAP OF THE SOUL:7〜The Journey〜」(564k部)と「BTS、THE BEST」(782k部)です。

(写真:Twitter:@bts_bighit)
防弾少年団”プルーフ’がオリコンで1位にデビューし、2022年の最初の週の売上高が最も高かった

それを除けば、「プルーフ」はグループの10枚目のアルバムでオリコンのウィークリーアルバムチャートのトップになりました。これにより、防弾少年団はこれまで日本で10枚のNo.1アルバムを達成した最初で唯一の外国人アーティストになります。

思い出してください。BTSの「プルーフ」は、6月23日のオリコンの日次チャートで463,718部で第1位にランクされました。これは、日本でこれまでで最高の初日売上高であり、「MAP OF THE SOUL:7」を上回っています。 227,204部しか売れなかった。

防弾少年団のアンソロジーアルバムでの日本での歴史的な業績を祝福します!

防弾少年団の「YettoCome」がビルボード200、グローバルエクスクルーシブUSチャートでデビュー

他のニュースでは、防弾少年団のアンソロジーアルバム「プルーフ」のタイトルトラック「YettoCome」が今週のBillboard200とGlobalExclでデビューしました。米国のチャート。

「YettoCome(The Most Beautiful Moment)」は、Billboard’sGlobal’GlobalExcl。米国のチャート、グローバル200で2位にデビューしました。

(写真:Twitter:@bts_bighit)
防弾少年団の「プルーフ」が最初の週の売上高が最も高いオリコンで1位にデビュー2022年の

新しいタイトル曲は、グループの「ダイナマイト」、「バター」、「ライフ・ゴーズ・オン」、「パーミッション・トゥ・ダンス」、「マイ・ユニバース」などの防弾少年団の以前のヒット曲に加わりました。防弾少年団グローバルエクスクルーシブの1位に着陸する曲。米国のチャート。 Bサイドの曲「RunBTS」も今週のGlobalExclに上陸しました。米国のチャート、8位を獲得。

(写真:Twitter:@bts_bighit)
防弾少年団の「プルーフ」が、2022年の最初の週の売上高が最も高いオリコンで1位にデビュー

以前は、ビルボード防弾少年団の「プルーフ」がビルボード200で1位にデビューし、今年の米国で最初の週の売り上げが最大だったことを明らかにしました。その結果、多くの人が「YettoCome」が今週のBillboardHot100で上位にランクされると予想していました。しかし、トラックはそうすることができませんでした。結果として、その曲が次の週にチャートに入るかどうかはまだ分からない。

一方、「Yet to Come(The Most Beautiful Moment)」は、「Proof」のB面の曲とともに、世界のiTunesアルバムチャートで一貫してランク付けされています。 6月20日、「Yet toCome」は7位、「ForYouth」は7位でした。 17、そして20番の「RunBTS」。「YettoCome」はチャート上で11日連続で過ごしました。

(写真:Twitter:@bts_bighit)
BTS”プルーフは2022年の最初の週の売上高が最も高いオリコンで1位にデビューします

また、20日には防弾少年団のアンソロジーアルバム「プルーフ」が8位になり、11日連続で集計。

韓国では、防弾少年団の「Yet to Come」が、3つの主要な音楽プラットフォームの週間チャートで新たなピークに達しました。タイトルトラックはバグズで1位、ジニーで6位、メロンで8位に上昇しました。さらに、この曲は最初のMelOnウィークリー人気賞を受賞しています。

防弾少年団の「YettoCome」をチェックしてください(最も美しい瞬間)」、現在1億200万回の視聴回数があります!

K-Popニュースの詳細については、K-PopNewsInsideをフォローして購読してください。

K-PopNewsInsideがこの記事を所有しています

MariaScott著

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!