[서울=뉴시스] 헤이즈 정규 2집’언두’オンライン記者懇談会の写真。 2022.06.30. (フィネーション提供)[email protected]ヘイズは30日、公式YouTubeチャンネルを通じて公開した正規2集「アンドゥ(Undo)」発売記念懇談会映像で「3年ぶりに発売する正規アルバムである。今日、正規アルバムで出せて嬉しくて幸せだ」と話した。

ヘイズは「アンドゥ」を通じて「帰ってみたその時その瞬間、帰れないその時その瞬間」を歌った。彼はアルバムに込めた「時間」というキーワードに対して「明日ならなくなる今日、人は思い出を食べて生きることに平凡な今日も大切だ」とし「再び戻りたくなるこの瞬間をよく過ごそう」と意味を伝えた。/p>

タイトル曲「なかったことで」は別れの後、以前の時間を「なかったことで」するという決意を込めている。ヘイズは「これまで書いてきた曲は懐かしさ、痛みを示した。今回は気をつけて話す感じで後輩の感情を伝えようと集中した」と話した。

/mimgnews.pstatic.net/image/003/2022/06/30/NISI20220630_0001031400_web_20220630142810_20220630160211159.jpg?type=w540″> 2022.06.30. (フィネーションの提供)[email protected]を入れたくてタバコを短く学んだ」と説明した。また「ヘアメイクのスタイリングがこれまで見せなかった感じだ。未来的で世紀末感性を込めようとした。ビジュアル的に楽しさを感じることができる」と不演した。 「ジョージ」、「アイ・ドン・ライ(I Don’t Lie)(Feat.キリボーイ)」、「泥棒(Feat。 、「ラブイズ(Love is)ホロ」、「お会いしましょう」、「スーパーカー」、「旅行者」、「アバウトタイム(About Time)」など10トラックを構成した。特に、ヘイズは演奏曲「アバウタイム」を除いた9曲の作詞、作曲に直接参加した。上がったアーティストの方々がいらっしゃるのに、彼方が快く受け入れてくださって楽しく、栄光だった」と感謝していた。また「フィーチャリング歌手たちとライブクリップも撮って、できることを全て試そうとした」と伝えた。 「鼓膜ガールフレンド」、「別れ職人」、「雨の女神」などだ。 「歌手ごとに持っている役割と特色がありますが、私は別れという修飾語で共感と慰めを与えることが別れを担当する歌手として誇りを感じます。」

「アンドゥ」はこの日午後6時

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!