[SBS芸能ニュースㅣカン・ギョンユン記者] 24歳に結婚して3回の妊娠と出産を重ねて長い時間舞台を去った先鋭がソロ歌手に戻った。 2013年の結婚式で「声が残っている日まで歌う」とした先輩の約束が10年ぶりに守られたわけだ。曲は「Just A Dancer」。当初、多くの人々が先鋭が感性的なボイスを際立たせるバラードに戻ると予想したが、先鋭はリズミカルなサウンドが調和したミディアムテンポダンス曲を選択した。ミュージックビデオで、先鋭は華やかな衣装と感覚的なダンスを披露した。やや破格的で危険負担のある変身だった。今回のタイトル曲は挑戦と挑戦の連続だった。 >先輩は’Just A Dancer’で芸術家として先鋭の本能と自信ある姿、主導的な’私’らしいダンスを踊るという意味を込めた。 2013年に結婚し、比喩、ハジン、ユジンなど3人の娘のお母さんになった先輩は、誰かのお母さんではなくダンス歌手でミュージックビデオのフレームを埋めた。

した。先鋭がファンに伝えたかった心からの話を盛り込んだ「Genuine」をはじめ、「Glass Heart」、「Now I Fly」、Best Thing」など計5トラックの多彩なジャンルでアルバムを満たした。ソロ歌手として先鋭の欲が垣間見える大木だ。 >
先例のソロ歌手変身先輩は結婚以後ずっとカナダに居住して放送に姿を現わせず、2018年MBC「覆面歌王」を通じて舞台を披露したことを皮切りに芸能界復帰を宣言した。しかし、続いて3番目の妊娠のニュースを知らせながら、再びカナダに戻るしかなかった。しかし、先鋭は真正性で再びファンたちのそばに戻ってきた。ワンダーガールズで忙しい海外活動しながらも先行を置かなかった先輩の寛大な心み言葉も好感を買うのに大きな役割を果たした。 Kポップの海外活動初長期、アメリカツアー活動を続けて疲れたメンバーたちを多独だったワンダーガールズリーダー先鋭は今回のアルバムでソロアーティストとしての可能性も十分に見せた。長い空白にも舞台と音楽を忘れない先輩にファンは熱い拍手を打つことができない。
/0000285911_005_20220727223301634.jpg?type=w540″>
[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!