少年団

グループ防弾少年団が米国「2022 MTVビデオミュージックアワード」(2022 MTV Video Music Awards、以下「2022 MTV VMA」)で4部門受賞候補に上がった。

「2022 MTV VMA’は26日(以下現地時間)MTV公式ホームページとSNSなどを通じて今年授賞式の受賞候補を発表した。これによれば、防弾少年団は「ベストK-ポップ」、「ベスト振り付け」、「ベストビジュアルエフェクト」、「ベストメタバスパフォーマンス(Best Metaverse Performance)」 4つの部門にノミネートされた。

が中で’ベストK-ポップ’、’ベスト振付’部門ではそれぞれ4年連続候補に上がった。 「2022 MTV VMA」はこの日、「今年のグループ(Group of the Year)」と「ソン・オブ・サマー(Song of Summer)」の受賞候補は発表しなかった。

されたアルバム「Proof」のタイトル曲「Yet To Come (The Most Beautiful Moment)」で「ベストK-ポップ」候補に上がり、2021年7月に公開された「Permission to Dance」で「ベスト振付」候補に上がって争ったグローバルミュージシャンと競合する。 「ベストビジュアル効果」部門にはコールドプレイとコラボレーションし、2021年9月に発表した「My Universe」で受賞候補に上がった。以来、2021年までに3年連続で様々な部門にノミネートされ、受賞もしてきた。

[写真=防弾少年団_2022 MTV VMA_ノミネート画像/2022 MTV Video Music Awards]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!