プロデューサー兼アーティスト「ZICO」が27日、新曲「オタク(Freak)」でカムバックする。これは2020年のミニ3集「ランダムボックス(RANDOM BOX)」以来、2年ぶりのカムバックだ。アーティストのジコが変わらない音楽の好みや情熱、エネルギーで長い空白機を飛び越えて、再びアーティストとして活動に拍車をかけられる理由を意味したアルバムだ。

タイトル曲「オタク」は、ジコ湾のエキサイティングでエキサイティングなバイブが凝縮されたトラックで、騒動で混乱したオタクたちの街を連想させる曲のテーマにダイナミックなボーカルとメロディーが調和してジコのエネルギーを全身で感じることができる曲だ。印象的な「Trash Talk(Feat. Changmo)」、ジャングルの王が持ったアーティチュードを見せる「OMZフリースタイル」、悪相という餌を求めて苦悩する境遇を歌った「ノクターナル・アニマルス(Nocturnal animals)(ジコは今回もアルバム全体のプロモーションを引き受け、全曲作詞、作曲、編曲に参加した。絶え間ない成長を成し遂げる「トップティア」アーティストのジコが披露する完成度の高いアルバムが期待される。地球終末を控えた人々の姿を込めたミュージックビデオは、ブロックバスター級スケールを予告し、多くの人々の注目を集めた。ここに俳優ノ・ユンソ、チャヨプ、パク・ヘジュンとアーティストヨンヨンなど特急出演ラインナップまで完成し、ミュージックビデオの叙事詩にしっかりとした。 「チャレンジも関心事だ。ジコは去る25日から(女)子供たちソヨン、ダンサーリージョンとの’オタク’チャレンジを順次公開し、この映像を皮切りにもう一度’チャレンジ職人’を証明するものと見られる。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!