チョン・スンファン、キム・ヨンギュ、オ・ジュンソク、ソラクウォン、リュ・ジュンミン、ペ・ヒョンジュン(左から)。写真提供=ISTエンターテインメント[スポーツ朝鮮チョン・ライト記者]新人ボーイズグループATBOがサバイバルプログラムで刻んだチームワークを発揮、「4世代代表Kポップ」に向けた跳躍をする。

ATBOは27日、ソウル西大門区延世大百周年記念館でデビューアルバム「ザビギニング:開花」ショーケースを開き、歌謡界にデビューする感想を明らかにした。

ATBOはこの日デビューアルバム『ザ・ビギニング:開花』を発表し、歌謡界に出射票を投げる。オ・ジュンソクは「夢に描いたデビューが目の前に来た。数時間前だけでも実感がなかったが、挨拶をしたら実感が出る。最善を尽くして素敵な姿の舞台でお返しします」とデビュー感想を明らかにした。チョン・スンファンは「あいさつまでたくさん準備した。最後まで最善を尽くすから期待してほしい」と呼びかけた。

エイピンク、ビクトン、ザボーイズ、ウィークリーなどが所属するカカオエンターテイメント傘下の音楽レーベルISTエンターテインメントが新たに披露するボーイズグループATBOは、去る5月カカオTV-MBNで公開されたサバイバルオーディションプログラム-A、B、Or What?」を通じて誕生したグループだ。ウォンビンは「独創性の始まりという意味を持っている。私たちの独創的な話をするという堂々と抱負を持っている。私たちだけの独創性とユニークな魅力で近づく」とチームを紹介した。

デビューアルバム「ザ・ビギニング:開花」は独創性の始まり」というチーム名の意味にふさわしく、「初」と「起源」についての話を盛り込んで、光、闇、色をキーワードにしたATBOならではの独創的なコンセプトを披露する予定だ。タイトル曲を含め、ATBOの始まりを知らせるイントロナンバーと’グラフィティ’、’ハイファイブ’、’ワウ’、’ラン’など多彩な魅力の6曲が収録された。

デビューアルバムのタイトル曲「モノクロ(カラー)」は、世界を自分だけの色で彩る七少年のときめきと抱負を込めた曲で、力強いチャントとダイナミックなメロディーが強烈な中毒性をプレゼントというヒップホップダンス曲だ。ソラクウォンは「多彩なカラーで全世界を彩るという抱負がある。特にこの曲は有名プロデューサーZaydro、PPPlayers(ELDORADO)が作曲に参加し、作詞にはInner Child(Mono Tree)、メンバーオ・ジュンソクがラップメイキングに参加した。オ・ジュンソクは「ラプライン修正だけ30回、歌詞修正だけ20回するなどボールを聞いた。ポイントパフォーマンスをわかった。チョン・スンファンは「蚊退治ダンスがある。夏にデビューしてみると、蚊になるほど多いのに手足が蚊があると思って強烈に蚊を離す感じでする」と耳打ちした。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!