] クイーンたちの金の為替だ。最近歌謡界は少女時代、ワンダーガールズ先鋭、カラニコールなど「第2世代ガールズグループ」のカムバックニュースで、喜びを買っている。特にこの3グループは2007年にデビューした動機で、デビュー15周年を華やかに記念して注目を集める。

「トップレジェンドガールグループ」少女時代は8月8日正規7集「フォーエバーワン」を発表する。今回のアルバムはデビュー15周年を記念して、8人のメンバー全員が一緒にするという点で意味が格別だ。また、2017年8月に発売した正規6集「ホリデーナイト」以来、約5年ぶりの完全体カムバックとなって、ファンの期待を存分に高めている。

何より名実上Kポップトップガールグループの名声と真価をもう一度立証するものと見られる。 「もう一度会った世界」、「ジ」、「願いを教えてください」、「ああ!」、「子供の先生」、「ザ・ボーイズ」、「ミスター・ミスター」、「ラン・デビル・ラン」、「パーティー」、「ホリデー」’、’ライアンハート’など数多くのヒット曲でレジェンドガールグループの圧倒的な地位を見せただけに、今回も独歩的な音楽と舞台で夏歌謡界を平定する雰囲気だ。現在、完全体芸能JTBC「ソシタムタム」と新報イメージ公開などでカムバック熱気を盛り上げている。

先鋭はデビュー後初めてソロアルバムを発表した。 15年ぶりの初のソロアルバムであるわけだ。何より’テルミ’、’ソハト’、’ノボディ’などワンダーガールズのヒット曲がシンドローム級人気を謳歌しただけに、2013年結婚で活動を中断した先鋭空白期にファンたちの物足りなさが大きかった。これは15年ぶりに「ソロアーティスト」に戻った先鋭が歓迎される理由でもある。

先例は昨年tvN「ママはアイドル」を通じて実力を再証明したのに続き、2月に新しい所属事務所のブロックベリークリエイティブと専属契約を締結して本格的なカムバック始動を歩んできた。初のソロアルバム「ジェニュイン」には現在姿の中でできる先輩の率直な話が込められ、成熟した「ソロアーティスト」の先鋭を垣間見ることができるという好評が続く状況だ。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!