[서울=ニューシス]パク・ソンソ大衆音楽評論家トークコンサートのナム・サンギュ。 2022.07.29。 (写真=パク・ソンソ評論家提供)[email protected]今年83歳。

29日大衆音楽界とパク・ソンソ大衆音楽評論家によると、ナム・サンギュはこの日午前8時40分頃京畿高陽エデン財団幸せな療養病院で目を閉じた。故人は昨年末、肺がん4期診断を受けた。 1939年忠北清州で生まれたナム・サンギュは軍服を着て大衆の前に初めて姿を現した異例の歌手だ。釜山陸軍兵参部隊で軍服務中だった1960年、一兵階級状をつけて釜山MBC「職場歌自慢」に参加して優勝した。以後、釜山KBS「今週の新人チャンピオン」から最終関門まで通過し、軍人身分では異例的に釜山KBS専属歌手になった。

以後、映画「スター誕生」のテーマ曲でもある「愛守のトランペット」という曲でデビューした。転役した後、上京して米8軍のショップ企業であるユニバーサルを経て、1962年に「街灯」を吹き込み本格的な活動を始めた。映画「幸せな孤独」の主題歌が「別れの羽田空港」、ボリツェの時代に移民ブームの哀歓を歌った「ブラジル移民船」などを歌った。中低音が魅力的な彼は一気に注目された。特に1965年、映画「チュ・プンリョン」の同名テーマ曲「チュ・プンリョン」が大ヒットし、人気歌手の番組に上がった。この曲は「チュ・プンリョン」監督の戦犯性が歌詞を書いて作曲家のペク・ヨンホがメロディーをつけた。

07/29/NISI20220729_0001053251_web_20220729201938_20220729203208547.jpg?type=w540″> [ソウル=ニューシス]日本レコード会社ビクトルでリリースされたナム・サンギュ2022.07.29。 (写真=パク・ソンソ大衆音楽評論家提供) [email protected]在日同胞ウォンイブ(日本名原都夫)作曲で日本で先に公開された歌だ。当時日本で活動していた作曲家ソン・ソクが韓国語の歌詞をつけて新たに誕生した。

当時1960~70年、国内産業化が急速に進み、都市に出かける農漁村出身の青年たちが増え、これらをなだめるための歌も注がれた。配護「ドゥメサンゴル」(1964)、ナフンア「ふるさと駅」(1972)などが代表的なのですが、ナム・サンギュの「チュ・プンリョン」はこれらの曲の中足役を果たしました。でもある。 1967年「伝説の歌姫」パティキム(84)と共に日本のビクターレコードに専属歌手になり、現地で活躍した。当時日本で発表した曲が台湾で違法複製版に出回るほどアジアで人気を享受した。

1972年、ソウル朝鮮ホテルで結婚式を上げ、その後日本と韓国を行き来して活動した。われわれにはチョ・ヨンピル(72)が呼んだバージョンとしてよく知られた’帰ってきて釜山港へ’を1977年日本コロンビアで吹入した。ナム・サンギュ版は作曲家ギル・オクユン(1927~1995)がフリーテンポに編曲した。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!