記事内容のまとめ

アイドルとなった第3世代・世界観 確かな第4世代メリット 鼓楼吸収ミン・ヒジン代表が「新しいガールズグループ遺伝子」を入れて、デビューアルバム「ニュージンス」予約購入44万枚…ガールズグループのデビュー記録を更新するように

2022.07.31. (写真=tvNキャプチャ)[email protected] *再販およびDB禁止民代表によると、少女時代は以前まで整形化された感じがあったガールズグループの半分だった。少女時代前のガールグループたちは非現実的な感じがあったということだ。ところが少女時代は’ジ(Gee)’活動から化粧機を抜いたまま白いTシャツ・スキニージーンなど日常で見ることができる衣装を着て親しみを打ち出した。 「ジ」は少女時代が国民のガールズグループのクラスに上がる足場になった。

そう少女時代が’ガールグループの定石’と呼ばれて正(正)になった状況。力作「エレクトリックショック」(ミニ2集)「ピンクテープ」(正規2集)で記憶されるf(x)は、そんな少女時代の反だった。個性強いメンバーたちが集まったf(x)は典型的なアイドルの姿を脱皮した。

以後デビューしたレッドベルベットは少女時代とf(x)の合だった。チーム名から「強烈なカラーレッドと女性らしく柔らかい感じのベルベット」の組み合わせだ。 f(x)と少女時代の長所を混ぜたわけだった。 f(x)より身近で、少女時代より非現実的だった。

それでは、22日にデビューEP「New Jeans」のタイトル曲「Attention」ミュージックビデオを公開しながらデビューした後、1週間で大勢のガールズグループになったニュージンス正反合過程を経たか。

いったんK-POPガールズグループ4世代後半軍に縛られるニュージンスは3世代、4世代と正反対になった。

今までK-POPガールズグループアイドルがそれぞれ上手くやってきたものをミン・ヒジン式感性で切なく解釈し、より着実に作り上げた結果物だ。

特に「ハイテンのニュートロ」と命名できるビジュアルディレクティングが賢いハンスだ。かつての香水をZ世代の前にさりげなく配置し、世代間の音楽的連帯を植える好循環が際立つ。

ニュージンズとファンのスマートフォン専用のコミュニケーションアプリケーション「Phoning」が例だ。アドアとハイブのファンコミュニティプラットフォームウィーバースが合作して作ったフォーニングは、ニュージンスとファンが一つのフォンを共有するというコンセプトで開発された。ところで、ユーザーインターフェース(UI)に旧式の携帯電話を思い出させる。初画面の絵文字の配置なども最近スマートフォンアプリの洗練されていないレトロだ。

特に先に進んだEP「ニュージンス」の3つのバージョン予約販売でソーシャルメディアなどで特に話題になったのはメンバーたちの写真で飾ったピンアップブック(PIN-UP BOOK)、フォトカード、CDを原型バッグに入れた構成である「ニュージンスバッグ(New Jeans Bag)」バージョンだった。最近世代は経験できなかったCDプレーヤー(Compact Disk Player・CDP)バッグに対する香水を刺激した。

「CD 20余枚が入ることができる濃厚なCDケースを持って通った」のように、ソーシャルメディアには1970~1980年代のどこかに生まれた彼らのCDPとCDバッグに対する思い出談が共有された。

音楽ニュース・ニュース・レビューなどを伝えるプラットフォーム「ジェネレート」を運営するキム・ドホン大衆音楽評論家(韓国大衆音楽賞(KMA)選定委員)は「ニュージンスがY2K、90年代文化を借用したが流行しているからといって、その時代を買った人の香水が自然でなめらかに一緒に縫合されている。

キム評論家はこれと共に謎のようなティーザーだけを公開したが、まさにタイトル曲ミュージックビデオを公開したアドアとニュージンスのデビュー方式について「歌とコンテンツに対するミン・ヒジン代表の自信」と解釈した。

実際の音楽とコンセプトの完成度が高かった理由は、ミン代表と着実に呼吸を合わせてきた「ミン・ヒジンサタン」が今回も力を入れたからだ。’アテンション”ハイフボーイ”ハート’にプロデューサー兼DJイオゴン(250·イホヒョン·40)が参加して注目を集めたが彼はミン代表が音楽と関連絶対的に信頼を送る人物として知られた。特に250は最近トロットをヒップホップと解釈し、海外でも好評を受けた初の正規アルバム「ポン」の主人公だ。また、f(x)、ボア、NCT 127などSM所属グループとはいないなど、JYPグループなど人気Kポップチームと着実に作業をしてきた。

.net/mimgnews/image/003/2022/07/31/NISI20220726_0001049631_web_20220726083937_20220731080813472.jpg?type=w540″>[ソウル=ニュース2022.07.26。 (写真=アドワーズ提供)[email protected]働いている。

これにより、バン・シヒョク議長が率いるハイブ・ラベルズの2つのラベルで、似たような時期にローンチしたガールズグループの「善意の競争」も第4世代ガールズグループ構図で欠かせない観戦ポイントとなった。

ハイブレーベルズのソスミュージックは5月、部屋の議長とソ・ソンジンソスミュージック代表が製作を主導した「ルセラフィム(LE SSERAFIM)」を披露した。韓日プロジェクトガールズグループ「アイズワン」出身キム・チェウォン・サクラが主軸となったルセラフィムのデビューアルバム「ピアレス(FEARLESS)」はKポップグループの人気指標の一つである初動(発売一週間販売量)30万枚でデビューガールグループ記録を書いた。

しかし、ニュージンスのデビューアルバム「New Jeans」は予約販売の3日目の27日基準の予約注文量44万4000枚を記録した。予約注文数量が一週間で使い果たされることを考えると、デビューガールズグループ初動新記録が確実視される。この他にも各種指標でデビューガールズグループ新記録を予告して出た。

同じラベルで似たような時期に新人ガールグループを立ち上げるのは珍しいことだ。だが、部屋議長・小代表の色と民代表の色が違いが大きく、ファンダムが重なるよりも、互いに「善意の競争」をして相乗効果を出すだろうという予想だ。

2022.07.22。 (写真=アドアド提供)[email protected] 「といって「ガールズグループの多様性を活かして多様なカードを作っておいたという点でハイブの賢い戦略」と見た。

ニュージンスがハイブにもKポップ界にもデビューするとすぐにガールグループの多様性に一助しているのは事実だ。ミン代表はニュージンスというチーム名に対して「毎日探すようになり、いつ着ても飽きないジン(Jean)のように時代のアイコンになるという抱負を込めた」とした。この名前には別の意味が含まれている。ニュージンズ(New Genes)。つまり「新しい遺伝子」だ。

ニュージンスの「ニュージンス」は来月8日にオフラインで発売される。音源はアルバム発売に先立って同月1日午後6時公開する。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!