0001482625_001_20220730121101451.jpg?type=w540″>

[ジン・ジンバラ]は本物の本当のことを聞いてほしい世界のすべてを推薦する”個人の好み”100%反映コーナー。ホットな歌手たちのアルバムあるいは隠された名曲、思い出の歌から、国内外のドラマ、バラエティ、ウェブコンテンツなど、かつて誰かの心の片方を叩いたプレゼントのようなコンテンツを持った特別な「何か」に従います。 <編集自主>

(エクスポートニュースチョ・ヘジン記者) ちょっとした色の記憶と「ワイソロンリー」だけあれば夏のどの区間でも行ける。猛烈だったワンダーガールズの最後の夏がそっくり盛り込まれたシングルは6年前に発売されたが、それより古い過去の夏であるか、昨日の夏であっても覚えていたその瞬間をより鮮やかに作ってくれる。 2015年、バンドに変身を敢行したワンダーガールズは1年後の2016年7月に自作曲で満たしたシングル「Why so lonely」を発売した。当時、彼らはデビュー10年目に初めてパク・ジニョンの曲ではなく自作曲をタイトル曲として掲げ、チャート1位を占め、健在함とともにミュージシャンとしての面貌を同時に証明した。ではなく、成熟した’アーティスト’ワンダーガールズの姿を大衆に刻印させたこのシングルの最初のトラック’ワイソロンリー’は不慣れなレゲーポップジャンルであるにもかかわらず大衆の耳にコック迫った。ゆったりとした雰囲気の曲には、イェウン(現ホットフェルト)とソンミ、ラッパーラインのユビンとヘリムまで歌声と真性を行き来する4人のメンバーのボーカルが調和して調和した。

レゲエ風の夏の歌だが、曲に加わった歌詞は思ったより辛くてもっと面白い。恋人がいるにも寂しさを感じる話者は「why I’m so lonely」と吐露し、「私の心がいつあなたを離れてしまうかもしれない」と警告する。ここに「面倒なように顔をしわくれて/何でも大虫大虫/当然下段みたいに君は宇宙/塀にはもっとうまくやってくれるんだ?」など現実的でウィットのあるラップパートもキリングポイントだ。

“>

2番トラック”美しい君へ”では夢幻的な雰囲気のバンドサウンドを感じることができる。歌詞には人の間の関係がますます冷たくなるデジタル時代でお互いをもっと惜しんで愛する世界になりたいという気持ちを込めたという説明。きれいな心にふさわしい「美しい君に永遠に残したい、君を守ってあげたい」、「本当に私たちは大きく愛しているのだそうだ」などの歌詞は曲の雰囲気を一層生かす。

それぞれの個性がはっきりとした例銀とソンミのボーカルに、お互いに吐くラップが続くようにやりとりするユビンとヘリムのしっかりしたパートも印象的だ。全州から明るくてくつろいだが、なんだかわからない寂しさが感じられる曲はタイトル曲とはまた別の夏をプレゼントする。メロディーから歌詞まで進んだ2つのトラックよりも、もっと涼しい夏が盛り込まれた。リズミカルなギターサウンドが際立つこの曲には「何がそんなに気をつけて/自然なんだろう私たちの間に/近づきたいんだ/お互い惜しむ心だけ」と慎重にする相手に果敢に近づく内容が込められた。 >

“ブドウレモンりんごイチゴオレンジ味 flavor/みんなになれて/私はお好みどおり”など世の中爽やかなユビンのラップパーツも新鮮だ。中毒性のある簡単なメロディーと甘いメンバーたちのボーカルは一気に耳元をひきつける。 2017年に解体した。彼らはバンド変身後わずか2枚のアルバムを披露したが、全盛期時代ほど大きなインパクトを残して自分たちだけの色を刻印させた。拍手したときに去ってしまったワンダーガールズが6年前にプレゼントしてくれた終わる夏は、今後も毎年私たちを記憶の向こうどこかの夏に送ってくれるのではないだろうか。本物ぜひ聞いてみてほしい世界のすべてをオススメする「個人の好み」100%反映コーナーです。ホットな歌手たちのアルバムあるいは隠された名曲、思い出の歌から国内外のドラマ、バラエティ、ウェブコンテンツなど一時誰か

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!