https://mimgnews.pstatic.net/image/003/2022/07/30/NISI20220729_0001053214_web_20220729183619_20220730154406654.jpg?type=w540″2022.07.29。 (写真=ウィーバースアルバムキャプチャー) [email protected] *再販売とDB禁止[ソウル=ニューシス]イ・ジェフン記者=イントロを過ぎて初のトラック「パンドラの箱」から立体感が鮮やかだった。

グローバルスーパーグループ「防弾少年団」(BTS)のメンバーJ-hope(チョン・ホソク)が「私の魂が整えられて生きるモトとバイブ」織られてサウンドが細かいという事実を改めて実感した。

去る29日に正式発売されたJホップの初の正規アルバム「ジャック・イン・ザ・ボックス(Jack In The Box)」ウィーバース・アルバム(Weverse Albums)は「白文が不要な一見」、いいえ」ペクムンが「不余日庁(聽)」だった。 「白文」に「門」の漢字は「聞く」を書く。だから「見犬」ではなく「聞く」を使ったのは「聞くより聞く方がいい」、つまり「怪変」のように感じられる。

しかし、聞は認識を意味するヒールに近く、青は耳を傾けるというリーソンと親しい。だからジェイホップのウィーバースアルバムが単に聞かせるのではなく、耳を傾けるようにするという意味だ。

ハイブ(HYBE)が製作した「ウィーバースアルバム」には、いったん実物CDがない。フォトカード、QRコードなどだけを入れた超軽量包装は、似ているかさぶたを折りたたんだようだ。

QRコードを認識してスマートフォンにダウンロードされたウィーバースアルバムアプリケーション(アプリ)を通じてアルバム全曲や写真コンテンツなどを鑑賞する形式だ。フォトカードはもちろん、写真集、華やかなパッケージなど多様な構成で聴く楽しさより見る楽しさを図った既存のKポップアルバム形態ではない。

すでにウィーバースアルバムのようにスマートフォンアプリプラットフォームを使って聞く形態は他社から発売された。ウィーバースのアルバム形態もハイブ・レーベルズ内では「プロミス・ナイン」と「セブンティーン(SVT)」が先に出した。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!