ユキス・スヒョンがこれを悪くして帰ってきた。ソロアルバムを通じて自分の音楽性をしっかり見せるという誓いと共に話だ。今回の機会を踏み出して思い出のユキスではなく、相変わらず旺盛なアイドルグループユキスの復興も狙うという抱負だ。

1日、スヒョンは最初のミニアルバム「COUNT ON ME」を発表し、ソロカムバックする。タイトル曲「焼酎の妖精」はロックベースのポップダンス曲で、ジャズ、ブルースなど多彩なジャンル的要素を加味して豊かで新鮮な魅力をプレゼント、スヒョンの多彩な音楽的力量を盛り込む見通しだ。

だけではありません。スヒョンの自伝的な話を盛り込んだ「Wake Up(ウェイクアップ)」、ティントップ・ニエルと一緒に歌って二人の幸せだった幼年期の話を聞くような感じの「マイ・フレンド(My Friend)(Duet with ニエル)」、結婚をしようとする男の震える感情と状況を表現したR&Bバラード曲まで「メリーミ(Marry Me)」など計4曲の音源が多彩に溶け込んでいるアルバムだ。

活動に集中したせいに優れたソロ力量を広げる機会が比較的少なかった。新しい所属事務所タンゴミュージックと共にした後、初のアルバムを発売する機会を得たスヒョンはこれまでの渇きをすべて注ぎ出した。彼は「ソロで国内アルバムを作ったのは初めてだ。たくさんの感じが違う。スヒョンのミニアルバムがスタートするという話を聞いて本当に震えた」とし「片方に本当に感謝していた。本当に尊重されていると思います。仕事も本当に楽しくなりました」と言いました。

.jpg?type=w540″>

タイトル曲のタイトルは「焼酎の妖精」だ。 「シャンプーの妖精」からインスピレーションを得た曲名は斬新な感じを与える。これと関連スヒョンは「タイトル「焼酎の妖精」にも私の意見がたくさん入った。聞くとすぐこれをタイトル曲にしたいと思った。恋に落ちたい感じがした。方法で恋に落ちていく感情を表現したかった。普段も焼酎があまりにも好きだ。と自信を持っていた。スヒョンは「同時代の感性はもちろん、MZ世代にも通じると思う。妹がぴったりその世代だ。非常に率直な性格だから普段多くの意見を交わす。今回の歌にはとても満足してくれた」とし「誰にも愛は来る。シンプルで淡白な曲、簡単な曲も前半をつけた。 騎乗転決も確実だから耳を傾けて聞いてほしい”と呼びかけた。確信する」などの意味を込めている。これはファンたちにスヒョンが最も伝えたい言葉を含蓄的に込めた文章でもある。彼は「私を、そして私たち(ユキス)を信じてほしいという意味が込められた。私がいつもファンに一番多く言う言葉だ。ファンたちがそんな本気を真に知ってくれる。アルバム名は非常に以前から考えていたアルバム名”と説明した。

image/408/2022/08/01/0000163038_003_20220801070201604.jpg?type=w540″>

スヒョンは今回の新報がうまくいかなければならない理由を強調して情熱を示した。それはまさにユキスの再跳躍のための足場だからだ。スヒョンは現在所属事務所タンゴミュージックに合流した後、ユキスの残りのメンバーフンとソプにも移籍を提案し、二人もスヒョンの意に従った。新しい巣を立てたユキスの始点が「カウントオンミ」になったわけだ。スヒョンは「ユキス活動をやりたいと思っていた刹那に感謝した機会でタンゴミュージックと一緒になることになった。この必要があったが確実な情熱を見せてくれた。今回私のソロアルバムが上手くなった以後、ユキスの姿で私たちのファンを幸せにさせてあげたい」と伝えた。未練、物足りなさ、後悔など様々な感情が混ざった。彼は「一度もユキスの名前で国内ファンの前でコンサートできなかった。アジア全域とヨーロッパ、アメリカツアーまで全部したがタイミングが合わず国内コンサートができなかったのだ。私たちのファンにとても申し訳ない気持ちが大きい」とし「後悔も多かった」再び機会が来たら、本物の後悔なしにできるだけやってみようという考えに「もっともっと」自分で叫ぶ。来たら後悔を残したくない」と話した。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!