pstatic.net/image/629/2022/08/03/20223500165943236400_20220803060103250。の昨日より特別な今日’まで様々な作品舞台に上がってミュージカル俳優として席をつかんでいる。/アーバンワークス提供

精製されていないスターはどんな姿なのだろうか。芸能界は大衆の関心を受けるスターも多く、これらをフォローする媒体も多い。せっかくインタビューが取れても単独で対面することが珍しい。多数のメディア記者が一緒にインタビューをしてみると内容も似ている。写真や映像さえ所属事務所で作って配布する場合が多反射だ。このような現実でも<ザファクト>は純粋に記者の目に映った感じを加工していないそのままの姿で伝える。 <編集者の週>

少し遅いですが、丁寧に一歩一歩踏み出してみると、いつの間にかなり鮮明な十分な道ができた。 「二十九から三十に進むこの時点が期待される。舞台で楽しむ私の姿が想像になる」というイ・ソヨンは、多分8年前ガールズグループハロービナスでデビューする時も今を描いてみたかもしれない。十分な一日が集まると夢に近づくだろうと信じています。新曲活動から新しいメンバーに合流した。 5年余りの活動の末、2019年5月にチームが解体され、イ・ソヨンはミュージカル俳優に新出発、「愛は雨に乗ってシーズン8」を皮切りにこれまで7作品の舞台に立った。イ・ソヨンが歩んできた道を要約すればこうだった。

そしてインタビュー当日。ゆったりとしたジーンズと適度にしわくちゃになったスニーカーに白いTシャツをしっかりとした、トイレのないイ・ソヨンの姿がちょっと意外だった。華やかな衣装に濃い化粧をして舞台に立ったハローヴィーナス時代の残像が残っていたせいだ。快適な服装に加えて努力で粘鉄される昨日と、だから、より大切な現在を打ち明けながらも真剣に語る姿がガールグループの残像をすべて消した。

しなければならなかった。両親を説得してやっとオーディションを見ることができる許諾を受けたイ・ソヨンは初のオーディションで合格し、わずか3ヶ月後にハロービナスメンバーとして活動を始めた。それもチームのメインボーカルだった。新しい発声を身につけ、チームに溶ける方法は練習室で暮らすことだった。その時から’練習室妖精’と呼ばれた。練習生のスタートがデビュー開始でした。=”https://ssl.pstatic.net/mimgnews/image/629/2022/08/03/20221610165943236410_20220803060103257.jpg?type=w540″>ナム・ギョンジュなど争った先輩たちと呼吸を合わせた。彼は「毎時幸せで特別だった」と感想を伝えた。/アーバンワークス提供

イ・ソヨンは練習中に隙間がミュージカル準備をした。ソロで活動をするようになれば何をしたいかという問いにいつも悩みなくミュージカルだと言ったほど愛情が大きかったからだ。ハローヴィーナスの最後のパンツにはミュージカルオーディションを見つけて数回挑戦した。何度も苦労を聞いたがイライラせず、さらに練習に邁進した。そしてついに機会が訪れた。 「愛は雨に乗ってシーズン8」である。 、’ワンダーチケット’を経てミュージカル俳優として立地を固めた。今年は「ネクスト・ツー・ノーマル」でナタリー役でパク・カリン、ナム・ギョンジュなど争った先輩たちと呼吸を合わせた。 「マリの昨日より特別な今日」でタイトルロールのソマリ役でもう一度挑戦を始めた。湾で国内で公演をすることになったし、またいつするのか分からないと言ったんですよ。なるとまたナタリーでぜひ舞台に立てたいと思います。」子役スターで愛を独占していた18歳のマリが不義の事故で家族と一緒に逃げるようにイギリスに移民を行った後、愛着人形の暑さの時点で11歳のマリを眺めて経験する成長痛を扱った作品だ。

イ・ソヨンは現在で観客に会う。彼は「私の中でマリを探し、マリの中で私を見つけながら作っている」と話した。/アーバンワークス提供

DIMP(大邱国際ミュージカルフェスティバル)で創作ミュージカル賞を受賞した「マリーの昨日より特別な今日」は、イ・ソヨンにもう一度大きな挑戦で有意義な作品だ。彼は合計100分のランニングタイムのうち97分間舞台に立つ。イムソラとダブルキャスティングで40回目のうち20回目で観客に出会う。私はキャラクターを作り、私はそこに私の考えを与えました。もう一度大きな挑戦を始めたイ・ソヨンはまだ練習室に住んでいる。休みのない一日一日が集まって過ぎた8年に疲れた法もしたが、イ・ソヨンは「やった時の快感と喜びがとても好きで、大変だったのがすべて忘れる」と話した。その時の感情に徐々に染まるように、イ・ソヨンの顔には子供のように天津々しい笑顔が広がった。少しずつ感じると思います。 今もこれからもずっと努力して学ぶので、今後が、二十九から三十に進む時点が楽しみです。 舞台で楽しく遊ぶ姿が想像になります。/p>

足で走るザファクトは24時間の皆さんの情報提供をお待ちしております。ニュースホームページ:http://talk.tf.co.kr/bbs/report/write

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!