人造バンドニューホープクラブ(New Hope Club)が海外歌手初めて「ザ・ショー」の舞台に上がる。ニューホフクラブは同日放送で6月に発売したシングル「ゲッティングベッター(Getting Better)」を歌う予定だ。 「ゲッティングベッター」は軽快なメロディーに「人生がもっと楽しくなっている」という肯定的なメッセージを盛り込んだ歌詞が際立つ曲だ。オブワンダーにヘッドライナーとして舞台に立つために昨日午後、仁川空港を通じて入国した。一方、ニューホフクラブはブレイク・リチャードソン、リース・ビービー、ジョージ・スミスで構成され、2017年EP「ウェルカム・トゥ・ザ・クラブ(Welcome To The Club)」でデビューした。

2018年10月「スローライフスローライブ」出演陣として初来韓公演を持ち、国内ファンダムの要請に支えられ、翌年6月現代カードアンダーステージで単独来韓公演を開催した。同年11月にまた韓国を訪問して単独公演を繰り広げながら格別な韓国ファン愛を見せたりも。ファンデミックの後、今回が4番目の来韓だ。ユニバーサルミュージックは2日午後6時、SBS Mザショーの舞台にホフクラブが上がると明らかにした。ニューホフクラブは

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!