それでも「兄弟たちはいない法」であり、「援助グルメに人々はもっと熱狂する方法」だ。ニューフェイスが登場しても「元祖トロットマン」と呼ばれるイム・ヨンウン、ヨンタク、イ・チャンウォン、キム・ホジュン、チョン・ドンウォン、チャン・ミンホ、キム・ヒジェに対する関心は休みにならないものと見られる。これらファンダムも歳月を加えて加えた結集力を持つようになった。特に、彼らの足首は、トロットの新鋭にも良い道のりになることができる。放送局で忙しく新しい顔を模索している中、「元祖トロットマン」は現在どのように活動を広げているのかを見た。

「トロットマン」の大多数は現在コンサートに熱をあげている。イム・ヨンウン、ヨンタク、イ・チャンウォン、チャン・ミンホなどなんと4人が全国巡回公演中だ。まずイム・ヨンウンは去る5月京畿高陽市キンテックスを皮切りに昌原、光州、大田、仁川、大邱で公演を成し遂げた。毎地域チケットオープン毎に超高速完売を記録し、いわゆる「ピケッティング」光景を演出した。熱かったイム・ヨンウンの単独コンサートは来る12日から14日ソウルオリンピック体操競技場を最後に大長征を終える。最後の14日の公演は、生中継とオンラインライブのストリーミングサービスを一緒に行い、ファンの惜しみを感じる予定だ。/2022/08/02/0000005828_002_20220802145301669.jpg?type=w540″>

該当公演もチケットオープンと同時に全席完売を記録、途方もないチケットパワーを誇った。これに先立ち先月1日初の正規アルバム「MMM」まで発売し、これ以上忙しい一時を過ごした。ソウルが全国ツアーの最初のスポットだっただけに、ヨンタクはこれから本格的に巡回公演を続けていく。来る6日仁川を皮切りに大邱、大田、昌原、釜山、全州、安東など主要都市で全国ツアーを開催する。

イ・チャンウォンとチャン・ミンホは単独ではなく合同コンサートで、5月から全国ファンと会っている。 5月6日ソウル蚕室室内体育館を皮切りに大田、仁川、全州、釜山、清州、安養、江陵で全国巡回公演を終えた二人は来る6、7日大邱エクスコと27、28日ソウル蚕室室内体育館公演を最後に合同コンサートを終える。 「トロットマン」の中でも最も長い呼吸で全国巡回公演を進行した二人。一緒だったので可能だったこの大蔵庵は、全国各地のファンに加えて良い贈り物になり、「トロットマン」への愛を開花した。を皮切りに全国ツアーを予定している。ソウルオリンピック体操競技場で9月30日から3日間単独コンサートを開催する。以後地方公演は正確に公開されなかったが、年末まで忙しく巡回公演を続けていくという所属事務所の伝言。特に他の’トロットマン’とは異なり、過去2年間軍服務で長い空白期を持たなければならなかった彼はコンサート進行と一緒にアルバム発売にも熱を上げる。先月27日正規クラシックアルバム2集「PANORAMA(パノラマ)」を発売したのに続き、すでに新しいアルバムを作業中だ。 「トロットマン」の中で最も忙しい歩みを繰り広げる予定だ。

演技者活動を並行していたチョン・ドンウォンは当分の間活動を中断して学業に専念するものと見られる。去る5月から6月まで単独コンサートをはじめseeznドラマ「旧必数はない」でク・ジュンピョ役で俳優デビューまでした彼。ここにドラマOSTとソロアルバムまで発売し、加えて忙しい歩みを繰り広げてきた。チョン・ドンウォンは現在中学校3年生で高校入試を控えている。歌手になる前に学生だけに必須不可欠な空白が必要な状況だ。

キム・ヒジェは活動に赤い火がついた。現在彼は公演企画会社モコ.entから詐欺の疑いで被訴された状況。当初キム・ヒジェは7月9~10日ソウル公演を皮切りに23~24日釜山、30~31日光州、8月6~7日昌原などでコンサートを開催する予定だった。しかし出演料支給問題でキム・ヒジェと公演企画会社が葛藤をもたらし、結局該当コンサートは全面キャンセルされた。最近俳優としてもデビューして活発な活動を予告していた彼だったが、法廷争いが繰り広げられただけに以前より歩みが消極的になるしかない。果たしてノイズをよく整理し、再び活発な歩みに突入できるか注目される。振り返ってみると、シーズン1が放送されたのも2年前。優勝者イム・ヨンウンをはじめ、ヨンタク、イ・チャンウォン、キム・ホジュン、チョン・ドンウォン、チャン・ミンホ、キム・ヒジェなどミスタートロットが発掘した

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!