/05/0000871561_001_20220805060203135.jpg?type=w540″>エイティズ

[スポーツソウル|チョン・ハウン記者]今年の夏、非常にガールズグループのカムバック熱気が熱い中、多彩な音楽に戻ってきたボーイズグループの勢いも切ない。

第2世代ガールズグループ少女時代から第3世代を代表するブラックピンク、TWICEに第4世代アイブとニュージンスまで。今年8月には、ある夏の歌謡界より熱いガールズグループ戦争が予告された。その中で様々なコンセプトと音楽のボーイズグループも復帰する。エイティズを皮切りにゴールデンチャイルド、ザボーイズなどが代表的だ。

先月29日、エイティズがワールドツアーを終えて国内カムバックスタートを切った。新しいアルバム「ザワールドエピソード1:ムーブメント」は、いろいろなエティティズの新しい挑戦を盛り込んだアルバムだ。新シリーズを開く砲門であり、新曲「ゲリラ」もこれまでやってみなかった音楽的スタイルだ。非常に強烈で急速に変化するビットチェンジとサイケデリックサウンドが特徴だ。

来る8日にはゴールデンチャイルドが第6ミニアルバム「オーラ」を持ってカムバックする。ゴールデンチャイルドの復帰は昨年10月に発表した正規2集リパッケージ「ついで」以来約10ヶ月ぶりだ。タグ(TAG)とイ・ジャンジュンがタイトル曲「リプレイ」(REPLAY)に直接参加してさらに期待を集める。

ザボーイ

CIXもカムバック予熱中です。来る22日、CIXが5番目のミニアルバム「OKAI Episode 1:OKAI 鎌」を発売して帰ってくる。昨年8月に発売した最初の正規アルバム「Okke Prolog:Biokae」以来1年ぶりだ。 CIXの愛の本質を探すための悩みを込めた。ザ・ボーイズも16日、ミニ7集「ビアウェア」(BE AWARE)を発売、タイトル曲「ウィスパー」(WHISPER)として活動する。今回のアルバムは前作「マベリック」以後9ヶ月ぶりに発売するシーンより。ザボーイズはカムバックに先立ち8月5~7日ソウルオリンピック公園体操競技場で初のワールドツアー「ダービーゾーン」のアンコールコンサートを開き、カムバック熱気を盛り上げる予定だ。

何より今回のボーイズグループのカムバックが期待される理由は、彼らの人気上昇傾向とともに「キャリアハイ」が予想されるためだ。 Mnet「ロード・ツー・キングダム」の勢いを続け、「キングダム」でも目立つ活躍を見せたTHE BOYSは、昨年8月の6番目のミニアルバム「スリリング」(THRILL-ING)で初動販売量52万枚以上を突破し、初のハーフミリオンセラーを記録した。 3ヶ月ぶりに発売した「マベリック」で初動48万枚を超え、第4世代代表グループとして位置づけた。今年5月から米国ロサンゼルスを皮切りに13カ国でワールドツアーを終えて帰ってきた彼らが今回のアルバムでさらにしっかりと広がったグローバルファンダム火力を見せるものと期待される。

チャイルド

ソウル、アメリカ、ヨーロッパそして日本で約18万人のグローバルファンと出会って帰ってきたエイティズも今回のアルバムは先週の文量110万枚を突破してエイティズのデビュー初のミリオンセラーを予告した。またカムバックと同時に音楽放送で相次いで1位を占めて火力を立証中だ。去る正規2集「ゲームチェンジャー」で初動販売量12万枚以上を突破してキャリアハイを達成したゴールデンチャイルドも今回はどんな成長を見せてくれるか注目される。久しぶりにカムバックを知らせたCIXも去るアルバムで初動販売量11万枚を突破しながら自身最高記録を更新した。彼らが再び新人の心に戻ってアルバムを準備したと明らかにし、どんな音楽的色と変化を盛り込んだのか気になる。ある歌謡関係者は「通常夏には涼しいダンス曲のガールズグループが浮かび上がるが、コロナが静かになって下半期海外ツアー日程が多くなり、夏に合わせてボーイズグループのカムバックも集まるようだ」と話した。 「サマークイーン」に劣らない「サマーキング」競争の勝者は誰になるか注目を集める。

[email protected]
写真|各所属事務所提供

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!