パク・ボギュン文化体育観光部長官が防弾少年団(BTS)など大衆文化芸術である兵役特例適用と関連して国防部が決定する事案で世論を収束していくという立場を明らかにした。

今日(5日)ソウル龍山区著作権保護課ソウル事務所で大衆音楽業界懇談会が開かれた。

この日、朴長官は「大衆文化芸術である兵役問題について、どちらにしても早速結論を出す」という一部の参加者の要請に、「防弾少年団など大衆文化芸術である兵役特例適用に関しては、国防部が決定する事案で参加者は兵役特例が適用される他の分野との公平性問題を抱え、大衆文化芸術人にもこれを適用する基準などシステムが先に構築されなければならないと提案今回の懇談会にはキム・チャンファン韓国音楽コンテンツ協会長、ユン・ドンファン韓国音楽ラベル産業協会長、イ・ナヨン大韓歌手協会長、キム・テホハイブCOO、チャン・チョルヒョクSMエンターテイメントCFO、政治営YGエンターテイメント商務理事、キム協力理事、チョ・ギヒョンブレイブエンターテイメント総括社長、カン・ミョンジンドゥルドゥルアーティストカンパニー代表、キム・ヘオク世宗市文化財団芸術事業本部長などが出席した。

契約書作成▲歌手の著作人接権配分比率の改善▲韓国大衆音楽資料院調速建設音楽は韓国文化魅力の象徴とも同じだ」とし「Kポップに代表される韓流の世界的拡散は音楽産業関係者が覚醒の努力を傾けた結果」と話した。

また、大衆音楽業界の規制改善、海外インフラを連携した公演機会の拡大など、中小企業の海外進出支援、地域音楽人のための音楽創作所支援の拡大など、多様性を拡大する案を悩むと約束した。

[写真=ビッグヒットミュージック]

* YTN starでは、有名人や芸能界の従事者に関連する情報を受け取ります。
[email protected]でお気軽にご連絡ください。ありがとうございます。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!