写真出典=スターニュースDB

2007年8月5日、今日から正確に15年前に韓国歌謡界にチャプターを飾ったガールズグループがデビューした。多人員で構成され、メンバーごとに魅力も個性も色々だったグループ、まさに少女時代だ。眺めても気持ちの良い笑顔が建てられた少女たちは、いつのまにか大韓民国を代表する俳優と歌手がなって完璧な女性に育った。いつものアイドルグループがそのようにチーム活動の頂点をとった後、個人活動に力を入れてきた少女時代。初めて大衆の前に立った重要な日、15周年を記念して久しぶりに一堂に会した。去る2017年8月発表した’Holiday Night(ホリデーナイト)’以後なんと5年ぶりの完全体神より。 15周年を記念する新報でもある。それだけ多彩なジャンルの10曲を収録して総合ギフトセットのようなアルバムを完成した。アルバム発売を控えてソウル三成洞一帯で記者会見を開催した少女時代。この席でリーダーのテヨンは「少女時代が少女時代のファンだ。アルバムであるだけにメンバーの意見を多く反映して作った総合ギフトセットのようなアルバム」と話した。時代特有の涼しい歌唱がまるでフェスティバル現場にあるようなエキサイティングな雰囲気を抱く。歌詞にはいつでもどこでも力になってくれる大切な人々に対する永遠の愛を表現して意味を加えた。特に「再会した世界」の一部のサウンドソースを「FOREVER 1」のブリッジに微妙に混ぜてその時代の香水を刺激する。

/image/465/2022/08/05/0000005836_002_20220805135001905.jpg?type=w540″>

ミュージックビデオは少女時代の過去の活動 コンセプトなどをシーンあちこちに活用して加えた。 「また会った世界」や「願いを語ってみて」「Holiday」が連想される衣装とオブジェだけでなく、15年前の姿とあまり変わらないメンバーたちの生々しいビジュアルが心地よい感想を抱く。スヨンは「タイトル曲を作業してくれたケンジ作曲家に正確に「もう一度会った世界」が浮かび上がる歌だったらいいと言った。 「また会った世界」のような曲になりたいという気持ちで今回のタイトル曲を依頼した」と説明した。 SMエンターテインメントのS(SM Culture Universe、SMのすべてのアーティストがつながった拡張世界)が拡張され、メンバーも知らない「音の女神」という世界観が与えられたもの。 SMエンターテインメント所属歌手として活動中のテヨンは「SMエンターテインメント歌手全員が世界観を持っている。少女時代も「音の女神」という世界観がある。今知ったメンバーもいる。世界観を構築し続けている状況なので、私たちも理解が必要だと思う」と話した。一部のメンバーは初めて聞いた世界観の話に笑いを浮かべた。今回の活動をよく見守っていただくと、今回の活動を通じて少女時代の今後の方向性まで見極める予定だ」と話した。ユナは「以前に聞いた歌をまた聞くと、香水のように思い出も浮かび上がります。さてさて、「ファンはまたどうか」という気持ちに早く音楽を聞かせたい」と多くの関心を呼びかけた。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!