去る6日、智異山華厳寺(チュ・ジ、ドクムンス様)は昨年に続いて二番目に設けた蚊帳映画音楽会を500余り参加者たちが一緒に真ん中盛況裏に終えた。多くの参加者が華厳戦に入場できず、満員の事例により来年を約束して残念な足を回した。全国から訪れた申請者で、華厳寺華厳殿庭は70年代の村の屋外映画館を移したようだった。全床に座って思い出の映画を鑑賞し、映画の中の音楽を最高の名演奏者たちが直接演奏するシーンは映画と映画音楽でロマンチックな旅を去った。

黒人オルフェ、女性の香りなど映画史で輝く不滅の映画シーンを家族と恋人、ドバンが一緒に楽しんだし、最上の演奏者がギターと解禁、アコーディオン、コントラベースを演奏し、歌手の声で直接聴くことができた今回の映画音楽会も、チョ・ヒチャン音楽評論家が音楽監督で講義式解説を添えて参加者の理解を助けた。

08/11/0000830365_002_20220811001401595.png?type=w540″>華厳寺の提供

100個のテントの中で映画音楽を鑑賞し、幼年時代の思い出を思い出させた今回の映画食べる時間旅行が提供され、全参加者たちには華厳寺と旧礼群が支援した鳥座とお土産が一緒に支給され、より盛り上がったジリサンの夏の夜を作ってくれた。

は韓国仏教を代表する寺院です。今はここが仏教と文化を共にリードする道量で、仏教文化の寶庫になると思います。この瞬間を共にしてくださった全国の参加者たちと音楽会を準備した関係者の皆さんがいらっしゃってこんなに美しいジリサンを共有できないかと思います」と小会を明らかにした。を定例化し、地域民と全国民を仏教文化の中に導いていく韓国の代表査察になることを希望する:と明らかにした、 )でも映画音楽会「ナク樂劇場」を設け、地域民との映画の中の時間旅行を去る。

/08/11/0000830365_003_20220811001401659.png?type=w540″>華厳寺提供

ソン・ボンソク記者[email protected]

88801100011088 2番目に用意した蚊帳映画音楽会を500余りの参加者が一緒にした中で盛況のうちに終えた。多くの参加者が華厳戦に入場できず、満員の事例により来年を約束

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!