/写真=ビリーフラップ提供
グループエンハイフン(ENHYPEN)がデビュー後初のワールドツアーを開くことに喜びを表わした。 17日、ソウル松坡区オリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場でデビュー後、初のワールドツアー「マニフェスト(MANIFESTO)」ソウル公演を開催した。に初のワールドツアーを開き、エンジン(公式ファンダム名)に会えるようになった。

「フリッカー(Flicker)」が開かれた。エンハイフンは初めから完璧な刀群舞を披露し、熱い呼応を引き出した。比較ができないほど(歓声が)大きい。忘れられないようだ。本当に幸せだ」と話した。 「世界に向けたエンハイプンの第一歩を共にしていただき光栄だ」と付け加えた。その後、10月2~3日アナハイム、6日フォートワース、8日ヒューストン、11日アトランタ、13日シカゴ、15日ニューヨークなど米国6都市で公演を繰り広げ、11月1~2日愛知、9~10日大阪、15~16日、神奈川など日本の3都市を訪れる。エンハイフン(庭園、喜勝、ジェイ、ジェイク、ソンフン、サンウ、ニッキー)は17日、ソウル松坡区オリンピック公園SKオリンピックハンドボール競技場でデビュー後

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!