“>

[OSEN=ジミンギョン記者] TWICEがアメリカのビルボードメインチャート「ビルボード200」に3週連続で名前を上げ、グローバルロングランの人気を誇示した。

ビルボード公式ホームページチャートアップデートによると、TWICEは8月26日に発売したミニ11集「BETWEEN 1&2」(ビートウィンワンアントゥ)とタイトル曲「Talk that Talk」(トークコメント)で9月24日にビルボードメインチャート「ビルボード200」47位をはじめ「アーティスト100」33位、「ワールドアルバム」1位、「トップアルバムセールス」と「トップカレントアルバムセールス」5位などビルボード合計15チャートに名前を上げた。特に「ワールドアルバム」チャートでは3週連続でトップを守り、熱い人気を誇った。ホーム’Taste of Love'(テイスト・オブ・ラブ) 6位、2021年11月正規3集’Formula of Love: O+T=<3'(フォーミュラ・オブ・ラブ: O+T=<3) 3位に続いて該当チャート3番目のトップ10進入に成功し、「Kポップガールグループの中で歴代最多トップ10進入」記録を立てた。アルバムとストリーミングの合計販売量は10万を達成し、「キャリアハイ」を撮った。このうち米国内の実物アルバム販売量である9万4000枚は、今年アメリカで発売されたアルバムの1週間実物販売量5位に相当する記録で注目度を高めた。ストリーミングプラットフォームスポーティファイの8月26日、デイリートップソンググローバルチャート49位、デイリートップソング米国チャート83位に入り、各初の「トップ50」と「トップ100」に入成した。アルバムはアルバム集計サイトハンターチャート基準初動(発売日基準一週間のアルバム販売量)53万2622枚で独自の初動記録を新しく書いた。ファンダム名:ONCE)とTWICEの堅実な絆をアルバム全般に込めた特別なプレゼントのような作品だ。 9人のメンバーの輝く魅力が際立つタイトル曲「Talk that Talk」のミュージックビデオは17日午後基準のYouTube視聴数7000万ビューを突破した。/[email protected]

[写真] JYPエンターテイメント

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!