09/21/0003174452_001_20220921162601173.jpg?type=w540″>バンドハックルベリーピン。シャレーブル提供

第1世代インディバンド・ハックルベリーピンが7集正規アルバム<ザ・ライト・オブ・レーン>(雨の光)に戻った。西大門区ヨンヒドン作業室で聴音会を開き、活動の開始を知らせた。 2018年の正規6集「オーロラピープル」以後4年ぶりだ。この収録された。 「テンペスト」は、ハックルベリピン特有の夢幻的なサウンドと濃厚なビートが際立つ曲だ。 「赤道黒鳥」は繊細なサウンドに感性的な歌詞が特徴だ。 3番目のタイトル曲「目」は感性的な言語で慰めのメッセージを盛り込んだ。した」とした。 「これまで、ハックルベリピンの音楽はよく言えば深みがありますが、暗い感情が敷かれていました。時間が経ち、今は内面を掘り下げるのではなく、人々とどのように一緒に生きていくのかを悩んでおり、その結果が今回のアルバムといえるでしょう。」ある気候危機に対する考えを歌に盛り込んだ。収録曲「金星」は「気候危機が続くと地球表面温度が金星(約250度)のようになるだろう」というスティーブン・ホーキング博士の警告からアイデアを得た。また別の曲「雨のように」は地球温暖化や微細粉塵など環境問題に対する悩みから出発した。イ・ギヨンは「「環境部長官」というニックネームを持ったボーカルのイ・ソヨンの影響で(環境に関連した)悩みながらこのような曲を作ることになった」と説明した。

たくさん反映された。イ・ギヨンは「久しぶりに聞いたポップに前になかったこの時代のサウンド革命がたくさん入っていることに気づいた」とし「ドゥア・リファ、ビリー・アイリッシュ、テイラー・スウィフトなど2010年代以降ポップ音楽が借用するベース、空間感などを勉強して使ってみなければならない」考えて作ったのが今回のアルバム」と話した。

デビュー25年目を迎えながら変化に対する悩みも大きかった。イ・ギヨンは「バンドで25年間活動をしてみれば限界が来る点が明らかにある。ドラムやベース、ギターだけで表現をするのに限界をたくさん感じて、過去5集を最後にそのような変化を模索することになった」と話した。それぞれの役割をひとつに固定する過去の作業方式とは異なり、役割を拡張して複数の楽器を演奏してみることで作業方法に変化を与えたともした。 「アイデンティティへの悩みをたくさんしましたが、これが古いバンドが現在を耐える方法だと思いました。」ハックルベリピンはまだ正規アルバムにこだわる。イ・ギヨンは「コミュニケーションをしたくてシングルを出すこともあるが大きな比重ではない」とし「バンドとして正規アルバムを発売するということはバンドのアイデンティティを確認する次元で発売それ以上の意味を持つ」と説明した。韓国コンテンツ振興院など政府機関のアルバム制作支援事業がシングルアルバム中心になされることに対する惜しさも明らかにした。 。イエローコンサートは、ハックルベリピンの代表的なブランド公演で今年で18回目を迎えた。デビューアルバムと3集「オランピオの星」は韓国大衆音楽100代ミョンバンに名前を上げた。第5回韓国大衆音楽賞最優秀モダンロックアルバムを受賞した。

バンド・ハックルベリピンが21日午前、ソウル西大門区ヨンヒドンの練習室で7番目の正規アルバム「ザ・ライト・オブ・レーン」の音楽鑑賞会で新しいアルバムに対する紹介をしている。チェ・ミンジ記者

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!