/09/22/0003230823_001_20220922133202261.jpg?type=w540″>写真=フィネーション提供いよいよクラッシュ(Crush)の時間が帰ってきた。

クラッシュは22日午後6時、各種オンライン音源サイトを通じて新しいシングル「ラッシュアワー」(Feat. j-hope of BTS)を発売、本格的なカムバック活動を開始する。

約2年ぶりにカムバックを控えたクラッシュは今回の新曲を準備し、振付はもちろん新しいコンセプトに挑戦するなど変身を図った。さらに、防弾少年団のJホップがフィーチャーリング、ラップメイキングだけでなくミュージックビデオにも出演し、グローバルリスナーたちの関心が倍増した。クラッシュが新曲発売に先立ち、様々なカムバックポスターとコンセプトフォト、ミュージックビデオティーザーを公開してカムバックの雰囲気を熱くしてくれた中、自分を待ってくれたファンのために新曲紹介と曲作業ビハインドを盛り込んだ一問一答を準備した。

写真=フィネーションのカムバックなのに感想はどうか。
“約2年ぶりに“ラッシュアワー”という曲で挨拶することになって本当に嬉しい。空白期間の間、早く良い曲に戻りたくて体が近づいた。このように戻ってくるようになって感慨無量で、ときめきは心で一日一日を臨んでいる。 SNSに様々なカムバックティーザーも見せてくれたが、どのように見てくれたのか分からない。長い時間待ってくださったファンの方々に感謝の気持ちを込めて報いたい様々なコンテンツも用意したので一緒に楽しく楽しんでいただきたい。

-新曲「ラッシュアワー」の紹介をしてみよう。 「今からクラッシュの時間が始まるということを表現したかった。この曲は、Crush Hourを楽しむために、人々が1つ2つ集まった姿をtraffic jamに叩いて表現した曲だ。空白期間中、作業への熱望がいっぱいだっただけに、その情熱をそのまま盛り込んだ非常にエネルギーあふれ、楽しい曲だ。

-曲作業をしながら最も心血を傾けた部分があるなら。
「ジャンルはファンクラで、できるだけファンキーなリアルサウンドを実現しようとしました。また曲がBPMも速くて楽しい曲だが、単に軽快なダンス曲として映したくなかった。いっぱい詰まって苦しい交通渋滞の状況を歌詞で表現したので、ポイント楽器でホーンを鳴らすような感じを与えようと構想もたくさんした。

写真=フィネーション提供-新しく見せるしたい姿があるか。 「今回の新曲には、既存にやってきたものとは全く違う要素が本当に多い。歌のジャンルに合わせてビジュアル的にも多くの変身をした。これまで見せなかったファンキーでヴィンテージなコンセプトのフォトたちと新しいコンテンツも用意した。風変わりな姿もたくさん好きになってほしい」

-防弾少年団ジェイホップと作業することになったきっかけは何か。 「J-HOPさんとは、以前から音楽的にお互いに多くの話を交わしていた間であったが、今回の新曲を準備しながら眺めていた音楽的志向点と共感する部分が似ていることが分かった。それでジェイホップ氏に「同じように一度作業してみよう」とした提案がこう成就し、フィーチャリングで参加することになった。ジェイホップさんがこの曲に誰よりよく似合うと思って一緒にぜひ作業してみたかったのに色々と相乗効果を得たようだ。

-Jホップと特別なエピソードがある場合。
“Jホップさんが汗まで溢れながらトイレも行かずに頑張って録音に取り組んだ。ジェイホップさんを見て、まさに今の席にいるのではないという気がしたし、同じアーティストとして本当に尊敬することになった。ジェイホップさんがミュージックビデオにも快く出演してくれた。体力的に途方もないエネルギーが離れているとき、横からエネルギーを与えることもした。また、一緒にモニタリングしてコーチングまでしてくれてとても感謝していた記憶がある。

-これからの活動計画は。
“まず新曲を待ってくれたファンの方々に感謝した心が一番大きい。その心に報いたい様々な活動を熱心にしている。いろんなところで探してみるから楽しみにたくさんしていただきたい。今回の新曲が大変な時や嬉しい時や皆さんに力になってほしい。楽しく聞いていただきたい。」

パクロサ記者 [email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!