ラブーム(ソヨンジンイェヘインソルビン)の最側近がグループの「活動中断説」に口を開いた。

解体」という報道が伝えられた。

これと関連するラブームの最側近は23日、EXPORTSニュースに「インターパークミュージックプラスと解約契約書を書いたのは正しい」としながらも解体ではないと善を引いた。

を作成したが、ラブームの名前維持が可能だ。メンバーたちも団体活動に意義があるため、解体の言及は不満だと釘付けだった。解約契約後の最近までもメンバーは互いにコミュニケーションしながら団体スケジュールを調整したという説明だ。だが、個人活動を並行しながらラブームとしての団体活動をする可能性も十分にある」と話した。当時、所属事務所側は「解体関連で決まったことがない」と明らかにした後、このような立場を明らかにしなかった。特に「想像プラス」が音源チャートを逆走しながら話題を集め、メンバーソヨンも最近MBCバラエティ「遊んだら何ですか?」 WSGワーナビーで活動を繰り広げ、さらに注目された。しかし昨年12月、ヤノル者がインターパークを買収した後、マネジメント運営事業を終了し、ラブームが解体手順を踏むという報道が続いたのだ。チームに対する深い愛情で「ラブーム」としての活動を続ける見通しだ。これに「別にまた一緒に」を予告したラブームの活動に注目が集まっている。に口を開けた。 23日、あるメディアを通じてラブームが所属事務所インターパークミュージックプラスと議論の末に個人活動に突入すると事実上解体という報道が伝えられた。この

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!