ガールズグループビリー(Billlie)が強烈なロックスピリットで爽快なエネルギーをプレゼントした。タイトル曲「RING ma Bell」の舞台を披露した。爽やかなロックスピリットを装着しながら強烈な雰囲気を醸し出したビリーは、独歩的な叙事詩が盛り込まれたパフォーマンスを多彩に広げて存在感を刻印させた。を見せた。自信あふれる表情と共に「‘ミュージックバンク’行ってみよう!」などロックスピリットを高める追いかけで雰囲気を主導し、シユンは靴に公式ファンダム名である「ビリーブ」を書いて舞台の上で見せて特別なファン愛を誇ったりもした。

先月31日ミニ3集the Billage of perception: chapter two’を発売し、強烈なロックスターでカムバックしたビリーは7万枚を超える超同レコード販売量や各種グローバル音源チャートに名を連ね、英国著名音楽マガジンNMEと単独インタビューを持つなどグローバル人気と上昇傾向を証明した。

タイトル曲「RING ma Bell(what a wonderful world)」はビリーが初めて試したハードロックジャンルの曲だ。私たちが大人に成長し、向かい合った生活の変曲点で感じる感情と新しい始まりに対する強烈なコミットメントを表現しました。

/[email protected]ミュージックバンク’放送画面キャプチャ

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!