クラッシュは去る23日午後公開されたYouTubeチャンネルイ・ヨンジの’着たのはネズミもないが'(以下’チャジュホン’)で率直な口論と新曲の話を聞かせた。

この日クラッシュは「チャジュホン」登場と同時にイ・ヨンジをパクジャン大小にした。イ・ヨンジはクラッシュ特有の独歩的な話法に「クラッシュのように見つめても神が出ておもしろいのが私の目標」と親指を立てて、クラッシュは「漢江仮面「あざ打ち大会」のようなものにするのに一度して、大暴れ合いながら歌一度すればいい」と自分のギャグ秘法を打ち明けた。

クラッシュの新曲「Rush Hour(Feat. j-hope of BTS)」の作業逸話も伝えられた。クラッシュは「防弾少年団のジェイホップ君が自身のソロ正規アルバムが出る前に聞いてくれたことがある」とし、その後「私たち何かを一緒にやってみよう」として今回の新曲を一緒にすることになった」と付け加えた。また「作業後、あまりにも神が出て「私たちが踊るのか?」と言ったりもした」とし、防弾少年団のJ-HOPと協業することになった理由と振付曲でカムバックした悲話を明らかにした。続いてクラッシュはイ・ヨンジに「大韓民国にない音色だ。音楽的にユニークなキャラクターだ」と応援し、イ・ヨンジの音楽的悩みに心からのアドバイスを渡した。特に「Beautiful」を発売した当時のスランプに言及したりもした。彼は「大衆的にあまりにも多くの愛を受けて感謝したことなのに不思議に心一角が空虚だった」とし「その時初めてパニック障害も来た。その状態で舞台で「Beautiful」を呼ぶのに息がつかなかった」と告白した。

率直さと愉快さを行き来するトルクで雰囲気が存分に熟した中、クラッシュはイ・ヨンジとのコラボレーションを予告してファンの期待感を高めた。クラッシュがイ・ヨンジにラブコールを送った。これにイ・ヨンジは「曲くださるのでしょう?」と尋ね、クラッシュは「ほしいと思ったら」と答えて最後まで温かさをかもし出した。

クラッシュは去る22日新しいシングル「Rush Hour」でカムバック、発売と同時にバックスリアルタイムチャート1位をはじめ、国内主要音源サイト最上位圏を記録した。 iTunesトップソングチャートでは23日午前、ブラジル、チリ、インドネシア、メキシコ、フィリピンなど41地域1位を占め、合計68地域トップ10に上がるなど「音源強者」クラッシュの面貌をもう一度感じさせた。

一方、クラッシュは今日(24日)午後4時40分初放送するJTBC新音楽番組「ミュージックユニバースK-909」で「Oasis」と新曲「Rush Hour」ライブステージを放送初披露する。同日午後7時30分にはtvN「驚くべき土曜日」に出演する予定だ。/[email protected]

[写真] YouTubeチャンネル「チャリンゴンはいないが」

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!