進行された「メロンミュージックアワード2020」(MMA 2020)に参加してポーズを取っている。/写真提供=MMA/写真=イ・ドンフン記者 [email protected]
トップアイドルグループ防弾少年団(BTS、RMジン・ジミンJホップ・シュガー・ビュ・ジョングク)リーダーRMが国連演説に関連した率直な心境を打ち明けた。去る1日(現地時刻)RMと米国ラッパー・パーレル・ウィリアムズの対談インタビューを公開した。

まず、RMは「このようなことが起こるとは想像もできなかった」と幸運に「アジアコミュニティの代表者になったようだ。’という疑いもあった」と話した。特に、RMは「15歳のとき、小さなクラブで10人の人々の前で初めての公演をしましたが、その時の歌詞のほとんどを忘れてしまったので、私はスターではなく、ステージですべてを楽しむことができるフロントマンではないことに気づきました。 「と言って「私はただ作曲が好きな人だけ」と規定した。出したが、それはちょっとした実験だった。このアルバムが私の公式的な初のソロアルバムになるだろう」と紹介した。 RMは「私が防弾少年団としてデビューした指導10年になったようだ。私はラッパーで作詞家として私のキャリアを始めた。また、RMは「私たちの意図ではなかったようですが、私たちが社会的な人物になり、これを受け入れた。 「という考えに混乱した」と言ったりもした。

ユン・サングン記者[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!