製作] 写真合成・イラスト

(ソウル=連合ニュース) イ・テス記者=韓国最大の音楽著作権団体である韓国音楽著作権協会(以下韓音低協)が昨年音楽著作権料徴収金額基準世界9位に上がった。

2日、国際著作権管理団体連盟(CISAC)が出した2022国際徴収報告書によると、韓音低協は昨年の音楽分野で前年比16%増加した約2億100万ユーロ(約2千818億ウォン)を徴収した。/p>

これはカナダ(7位)とオーストラリア(8位)に続く世界9位規模で歴代最高順位だ。 1位はアメリカで、2位と3位はそれぞれフランスと日本だった。 19) 対応とデジタル分野の成長のおかげで徴収額が増加傾向に転換された。 pstatic.net/image/001/2022/11/02/AKR20221102068500005_01_i_P4_20221102113113457.jpg?type=w540″>韓国音楽著作権料徴収ランキング
[国際著作権管理。再販およびDB禁止]

韓音低協はコロナ19余波で昨年ライブ・背景音楽分野の徴収額が前年比20.1%減少し、2019年の半分水準にとどまった。しかし、2019~2021年、なんと53.2%成長したデジタル分野のおかげで、世界平均を上回る成長率を記録した。

ただし、昨年の国内総生産(GDP)に比べて著作権料の割合は0.014%で38位にとどまった。

水準にはしばらく狂う”とし”世界平均の10分の1水準に留まっている公演使用料とともに、OTT(オンライン動画サービス)事業者らの著作権料未納などで知識財産分野で成長していない”と指摘した。 p>

[email protected]

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!