正規10集『ミッドナイツ』アルバムジャケットカバー。写真提供=ユニバーサルミュージック[スポーツ朝鮮正光記者]ポップスターテイラースウィフトが米国ビルボードメインチャート「ホット100」のトップ10を与える大記録を立てた中、ファンダムと大衆性の影響力がチャート結果にどのようにつながるかについても関心が集まった。

先月31日(現地時間)のビルボードによると、テイラー・スウィフトは11月5日にビルボード「ホット100」でトップ10のすべての席を自分の正規10集「ミッドナイツ」収録曲で満たした。ある歌手が「ホット100」1位から10位まで席巻したのはビルボードチャート64年歴史上初めてあることだ。

1位はタイトル曲「アンチヒーロー」、2位は「ラベンダーヘイズ」、3位は「マルーン」が占めた。 4位にシンガーソングライターラナ・デル・レイとコラボした「スノー・オン・ザ・ビーチ」、5位に「ミッドナイン・レイト」、6位に「ビジュアル」、7位に「クエスチョン…?」、8位に「幼児オンユアオーウン」 、キッド’、9位に’カルマ’、10位に’ビジレンティシット’が上がった。 「ミッドナイツ」20曲中10曲が「ホット100」10位以内に入ったわけだ。

このような記録を置いてビルボードでは「テイラー・スウィフトが「ミッドナイツ」デビュー週間でチャート記録を立てられた5つの理由」という記事を掲載して分析した。

ビルボードは、テイラー・スウィフトが「ホット100」を独占できる巨大スターだとストリーミングと販売量スコアが優れていたと見た。それでもストリーミング中心の県音楽市場やシステムなどが、彼が今回の記録を立てられた理由でわかった。特に6位と7位に上がった「ビジュアルド」と「クエスチョン…?」の最後の集計が重要だと解釈、注目を集めた。

ビルボードは「チャート集計になる最後の日である10月27日にテイラー・スウィフトが「ビジュアル」、「クエスチョン…?」のオリジナルと楽器バージョンをウェブストアで69セントで購入することができるできるようにした」と説明した。

これはビルボード「ホット100」ランキングを予測するサイトで当初サムスミス&キム・ペトラの「アンホーリー」が9位に上がり、テイラー・スウィフトがトップ10を掌握できないことをテイラー・スウィフト側とファン彼らが意識したというものと解釈される。当時’クエスチョン…?’が10位、’ビジュアル’が11位だった。

サム・スミス&キム・ペトラの「アンホーリー」は、ショートフォームプラットフォームのチックトークで人気を集めながらチャートに入った曲だ。サムスミスの認知度と該当曲の大衆的な好みが合わされ、過去の「ホット100」の1位曲でもあった。これと競争しなければならないことを置いてファンが’クエスチョン…?’と’ビジュアル’を多く購入して結局6位と7位まで上げたと解釈できる。

ビルボード「ホット100」は世界大衆音楽の成績を総網羅するメインチャートだが、今やファンダムの影響力も無視できないという観測が出ている。もちろん、テイラー・スウィフトは今回のアルバムで、全世界最大の音源プラットフォームスポーティファイで「一日最大のストリーミングアルバム」部門の新記録を立てるかと言えば、一日中米国でアルバム販売量140万枚の販売高を上げるなど歴代級の疾走を走っている。ファンダムの努力を除いても今回の成績に対する可能性が高いが、記録をさらに安全にしたのは最後のファン心が重要だったと見られる。

11月5日字ビルボードの”ホット100″チャート。写真提供=ビルボード何より最近ビルボードがファンダムを意識して集計方式を変えたという主張が出てくる中、ファンダムの影響力を無視できないチャート結果が出て視線を集める。大衆性とファンダム、どちらにも偏らず、いずれもチャート結果の必要十分条件となるわけだ。

現在「ホット100」は、フィジカルシングルおよびデジタル音源販売量、ストリーミング数値、ラジオエアプレイ数値、YouTube視聴数などを合算して集計する。忠誠度の高いファンダムはこの集計方式により、好きなアーティストのチャート順位のためにスコアを上げようとする。

防弾少年団が2020年「ダイナマイト」を皮切りに、「サベージラブ」、「ライフゴーズオンバター」、「パーミッションツーダンス」、「マイユニバース」など「ホット100」のトップを占めたのも大衆的人気もあるが、ファンダムが重要な役割を果たしたという分析が相当だ。

これにビルボードでは去る1月から音源ダウンロード購入認定回数を利用者一人当たり4回から1回に縮小された。当時チャート改編の背景について具体的な説明はなかったが、ファンダム中心的に帰るチャート歪みを避けようと改編したと解釈された海。

実際にチャート改編後、防弾少年団が発表した「旧ツーコム」は「ホット100」トップ10進入も難しくなった。歪むという指摘により、集計方式を何度も変更してきたことがある。

このような国内外の音楽サービスプラットフォームの動きの中で、テイラー・スウィフトのビルボード「ホット100」のトップ10列を立てるのは目を見張るほどだ。今は大衆性確保はもちろん、しっかりとしたファンダムの拡大まで行われなければ「ホット100」告知に上がると見込まれる。

と大衆性の影響力がチャート結果にどのようにつながるかについても関心が集まる。先月31日(現地時刻)

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!