北に載せた文

[ヘラルド経済=ソ・ビョンギ先任記者]ソウルで道を歩いて156人が圧死された’梨泰院惨事’で文化界も日程を止めて哀悼と追慕の心を伝えている。

ヨンタクとチャン・ユンジョン、ホン・ジニョンは梨泰院惨事で公演とイベントをキャンセルした。マイケル・ボルトンも来る8~9日にしようとした8年ぶりの来韓公演を来年1月に延期した。 、舞台に上がってファンに挨拶を渡して帰ってきた。イ・チャンウォンは先月30日、全南華順で開かれた「第1回テーマパーク遠足秋大祭りに参加した。イベント自体がキャンセルされず、出席はして歌は歌わなかった。ミュージシャンのチョン・ウォンヨンは2日、Facebookに「すべての公演をすべてキャンセルしなければなりません。音楽だけの哀悼と慰めがあるでしょうか」という文を載せた。を)予定通り進行することにしました」と知らせた後「しかし、イェナ今や国家機関が見るには芸術日がナイトライフ、余興の同義語か見ます。館で芸術関連の行事を哀悼という名で一括して閉じることを見て、与えられた連行をさらに予定通りにしなければならないという気がしました」と付け加えた。やらないことだけでなく、公演するのも哀悼の方式かもしれない。音楽の主な機能の一つが人の心を慰めることだ。音楽は悲しみを共感して癒していくのに良いメディエーターだ。追悼の心を心から込めて公演するまで止める必要があるかという考えや意見が公演界から出てくるのもこのためだ。別の形態の暴力であり得る。一部のミュージシャンが歌で追慕してはいけないのかと聞く。休むことで哀悼することもできるが哀悼方式の統制という感じがするということ。画一と統制はアーティストたちが望む方式ではない。もちろん自発的公演の取り消しも哀悼同参の表現として尊重する。公演一括キャンセルだけが綾士ではないという芸術界の言葉は聞く必要がある。

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!