写真=ビッグヒットミュージック

ハイブがアイドルグループ防弾少年団(BTS、RMジン・ジミン・ジェホップ・シュガー・ビュ・ジョングク)の軍白期以降の実績に対するプランを公開した。

日第3四半期の実績発表カンファレンスコールを通じて「防弾少年団の今年の売上比重は60~65%、残りのアーティストは35~40%程度」と明らかにし、「今年までは防弾少年団の活動があるため、10%半ば営業利益率を達成2023年には防弾少年団の売上の割合が減り、他のアーティストの売上が増えるにつれてマージンの圧迫が激しくなるだろう」と明らかにした。を出して兵役義務を履行する計画であり、他のメンバーも各自の兵役日程に合わせてソロ活動を続ける予定だと明らかにし、「2025年頃に防弾少年団の完全体活動再開を希望している」と伝えた。特にパク・ジウォンハイブCEOは1997年生まれ末っ子政局の兵役計画と関連し、「アーティストと議論して確定し、複数の履行計画に合わせて進行する予定」と答えた。

音楽的多様性と技術との融合を通じて境界を拡大し、持続的で爆発的な成長を成し遂げるだろう。経験するが、別の飛躍のための素敵な計画がある」と強調した。 50%水準の高い成長を期待する”と付け加えて”アーティスト別売上総利益率を見ると防弾少年団セブンティーン・トゥモローバイ・トゥゲザー・エンハイフンは公演を除いて大きな差がない。 %中半代の営業利益を見せることができるだろう」と伝えた。ガールズグループを披露するなど新人を持続的に排出することを知らせて「マルチラベルを拡張しようと米国日本など海外でもラベルやマネジメント社などでIP拡張を検討しており、公演、MD、コンテンツなど私たちが誇るソリューション力とのシナジーを出すだろう」と付け加えた。の軍白期以降、実績に対するプランを公開した。イ・ギョンジュンハイブCFOは3日第3四半期の実績発表カンファレンスコールを通じて防弾少年団の今年の売上比重

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!