=w540″>歌手キム・チェウォン、イ・チェヨン、クォン・ウンビ/写真=スターニュースグループ会津ワン解体して流れた。今メンバーは各自の席に立っているが舞台の上で再び集まる。韓国-日本合弁プロジェクトグループだ。彼らはタイトル曲「パノラマ」「フィエスタ」「ラビアンローズ」「ビオレタ」「幻想童話」などをヒット曲として誕生させ、様々な活動をしてきた。以後2021年3月、グループ解体後2年になっていく。アン・ユジン、チャン・ウォンヨンはグループアイブロデビュー、チョ・ユリ、イ・チェヨン、チェ・イェナなどはソロデビューし、キム・ミンジュなどは俳優としてデビューした。似たような時期にカムバックした彼らは一緒に音楽放送の舞台を立ちながらお互いを応援する関係になった。特にイ・チェヨンは「メンバーが常にデビューをしたりカムバックするときに連絡したりする。私も連絡したかったのに、いよいよすることになった。お互いを応援する間」と強調したりもした。一緒に同じコンセプトで向き合ったメンバーたちが異なる魅力で活動する事実はファンにも新鮮さを抱かせる。

最も先にキム・チェウォンとサクラはグループルセラフィムでデビューした。ル・セラフィムは5月にアルバム「ピアレス」でデビューし、最近タイトル曲「アンチプラザイル」を発売した。 「アンチプラザイル」は衝撃を受けるほど強くなる性質を意味し、厳しい時間を成長のための時間として受け入れて成長するというルセラフィムの覚悟を込めた曲。これは最近、米国「ビルボード200」の14位まで上がり、急激な成長傾向を見せている。また、キム・チェウォンとサクラは会津ワンよりも完璧な姿で現れ、拍手を受けた。クォンウンビが約6ヶ月ぶりに披露するアルバム「リタリティ」のタイトル曲「アンダーウォーター」(Underwater)はベールパンク、アフロビットのリズムとディープハウスジャンルの調和が際立つポップダンス曲だ。愛する相手を所有して永遠に一緒にしたい濃厚で強烈な欲望を深海に比喩した歌詞とクォン・ウンビ特有のパワフルなボーカルが調和して曲の完成度をさらに高めた。

ファイター’以後特別な歩みを見せなかったイ・チェヨンは先月12日初のミニアルバム’ハッシュラッシュ'(HUSH RUSH)を発売した。同名のタイトル曲「ハッシュラッシュ」はイ・チェヨンだけの繊細なボーカルが耳をひきつけるポップナンバーだ。月明かりの下で目を覚ました吸血鬼が自由に踊るように、舞台の上に上がったときに最も悪い自由さを感じてそんな私の姿を愛するようになる「私」に対するメッセージを込めた。さらにこれまで視線をひきつける圧倒的なパフォーマンス実力で格別な存在感を発散してきただけに、イ・チェヨンだけの差別化された独歩的舞台を完成するものと期待を集めた。ある感じを与える。今後の活動をさらに楽しみにしていきたい。 、キム・ミンジュ、矢吹奈子、本田仁美、チョ・ユリ、アン・ユジン、チャン・ウォンヨン)が解体して流れた。今メンバーはそれぞれの席に立っていますが、ステージの上で

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!