.jpg?type=w540″>

[スポーツソウル|チョ・ウンビョル記者]グループSHINeeの防白、少女時代の「一目で」、オンアンドオフの「愛になるよ」、レッドベルベットの「デイワン」… (隠れている名曲)、「片思いの癒し曲」に挙げられる曲だ。

これらの曲を作詞・作曲した音楽プロデューサーファン・ヒョンが自身の音楽人生を唱えたエッセイ「君を輝かせる事が待っている」(ウンジン知識ハウス)を発刊する。最も派手に見えるKポップ製作現場の中心で人気歌手たちの録音現場を陣頭指揮するスタープロデューサーだが、本の中にはその裏面の熾烈な悩みが盛り込まれた。ファンの間で「片思いの職人」に選ばれるファン・ヒョン自身の脂質だったラブストーリーから毎日新しいメロディーと歌詞を悩まなければならない作業過程の苦悩、作曲チームモノツリーを率いる中小企業代表としてミュージックビジネスを対する姿勢がまるで一方の日記を盗むように率直で率直な言語で書かれた。

“昨年9月から今年9月まで約1年間執筆期間を有した。文章を書くことと歌詞を書くことはまったく異なるプロセスでした。 10編も書いておくと、もう書く話がなかった。真剣で素敵な文章を書きたかったのですが、進道は出ませんでした。考えてみると歌詞を書く時も詰まったら率直に話を解いていったりした。結局下ろすと自然に文が書かれ始めた。もちろん私も結果がこんなに率直になるとは知らなかった。 (笑)」
2022/11/07/0000897683_002_20221107060104855.jpg?type=w540″>

曲作業をする時も息をひとつまで見逃さない細かさと細かさで定評がある。本の作業も同じだ。単にエピソードを列挙するのにとどまらず、そのエピソードがどのように今の自分を作ったのか、それによって今の位置で反省しなければならない面まで成長ストーリーを模範生のように記録した。

「微生物」作曲家時代、自分の曲が選択されることを願う心で、あちこちに「デモ」テープを送ったが選ばれなかったエピソードは曲を売るために「感性技術者」になった自分に対する反省につながる。例えば「一人だけ大事にしたかったエピソードを躊躇せずに歌に溶けてしまう私はただ“感性技術者”になってしまったのだろうか?

片思いの記憶を告白する「彼女の人生で私は非常に比重のない役割を引き受けた」という文章では、なぜファン・ヒョンがKポップ片思いの職人と呼ばれるのかを端的に知ることができる。

「多くの人がYouTubeのコメントやDMを通じて一体どんな人生を送ったのか、こんなに独特な片思いをしたのか」という質問を送ったりする。 (笑)その気になることをエッセイで解くべきだった。もしそのような質問がなければ、この本は書けなかったでしょう。幸いなことにキルトしなければならないようなエピソードはない。ただ「延命治療」というエピソードは必ず書きたかった文だ。当時私の退屈な状況を記録に残しました。」

.jpg?type=w540″>

自分の経験を歌詞化して記録を残すという点で作詞家の人生は時々残酷に感じられることもある。ファンヒョンは「私の人生は記録されて停止している。毎年冬、初雪が来る頃にたくさん出てくる歌が少女時代の「一目で」なのに、その歌を聞くたびに大変だった感情がトラウマのように浮上したりもする」と打ち明けた。

このようなファンヒョンの世界観はボーイズグループオンアンドオフを通じてさらに豊かに広がった。ファン・ヒョンは「オンアンドオフメンバーらの性格上、そのような話がよく似合っていたようだ。もし彼らが獣男のような雰囲気だったら、このような世界観を作ることができなかっただろう。休暇が出たら、ちょっと本を抱かせる計画だ」と伝えた。中学時代、しばらくロックとメタルに陥ったが、予告進学を夢見て中学校3年生の時から再びピアノを学んだ。当時彼の父親は「予告に進学すればあなたと似た友達に会うことになるが、人文系高校に進学すれば多様な友人に会える」と助言した。

結局人文系高校に進学した後、漢陽大学作曲課で本格的に音楽を学び始めた。大学3年生の時に当時ベーシスとして活動していた歌手チョン・ジェヒョンのアシスタントとして音楽界に足を踏み入れた。

作曲チームモノツリーを率いる彼はフリーランサーに分類されるKポップ労働者の権利の伸びに先駆けて数少ない人々の一人だ。最も基本的な4大保険適用、8時間労働環境を設けた。そういえばモノツリー設立初創期には経理業務まで引き受けた。

彼は自分で「日中読者、ウォーカーホリック」と呼ぶ。趣味はショッピング。好きなブランドはアクネとフェンディだ。最もトレンドを導くブランドとクラシックなブランドが好きな面がクラシックを専攻してトレンドの最前線であるKポップシーンで働く彼の姿に似ている。

不惑の年齢に会社経営まで引き受けたが、依然として「片思いの職人」として愛される理由は特有の鋭敏な感受性のおかげだという。ファン・ヒョンは「個人的に片思いを終わらせるよりも全国民がすべて一緒に歌う「国民ヒット曲」を作るのが最大のロマン」と笑って話した。

「最初の音楽を作ったとき、私の音楽は長い間共感されず、孤独を感じました。私の音楽が大衆に知られた時、一番良かったのはこんな話をしても通じるということだった。少数の感情を持った方でも読んで、共感してほしい。」 、少女時代の「一目で」、オンアンドオフの「愛になるだろう」、レッドベルベットの「デイワン」…大衆にあまり知られていないが、Kポップファンの間では「息を呑む」(隠れている名曲)、「片思い癒しの曲」と呼ばれる曲

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!