グループ「VICTON」がカムバックを控えて初めてのコンセプトフォトを公開し、本格カムバック信号弾を打ち上げた。 (チョイス)」の最初のコンセプトフォト公開した。

公開されたイメージの中で、ビクトンは全員オールホワイト制服着場で一気に視線をひきつけた。アンティークなムードが際立つセット場でハーネスとシルバーアクセサリーディテールでカリスマあふれる制服フィットを完成したメンバーたちは輝くビジュアルを誇ると同時に、堂々とした目つきでまるで王座に座ったようなオーラを吹き飛ばした。 >

ビクトンは来る15日ミニ8集「Choice(チョイス)」を発表して約6ヶ月ぶりにカムバックする。新曲「Virus(ウイルス)」は悲劇を経験しても、その恐れを克服して後悔のない人生を生きていくというメッセージが印象的な曲で、グループNCT 127、ストレイキッズなどと作業したTAKとペクヒョン、SHINee、NCT Uなど人気Kポップボーイズグループの代表曲を作業したAdrian Mckinnonが共にして高い完成度を予告している。

/11/06/0004734840_002_20221106121503593.jpg?type=w540″>

先にビクトンは2022年「時間3部作」シリーズを予告しただけに時間を活用した脱出と追跡のストーリー」決まった未来の中で経験する混乱を込めた「カオス」に続き、未来が決まっていても真の「私」を訪ねるために後悔のない選択に進むという決意を込めた今回のアルバム「Choice(チョイス)」まで3部作の華麗な終止符を飾る計画だ。

他にもデビュー6周年記念ビクトンメンバー全員が作詞に参加した「Feels good」を含め、ド・ハンセは全曲ラップメイキングに参加するなどアルバム作業参加度が高まり真正性を加えた。また、「スター作詞家」として定評のあるチョ・ユンギョン作詞家、防弾少年団、エンハイプンなどと作業したdanke、TWICE、トゥモローバイトゥゲザー代表曲を作業したAndy Loveなど「アベンジャーズ」級プロデューサー陣が参加して期待感を高めているビクトンの新曲「Virus」とミニ8集「Choice」収録曲全曲は来る15日午後6時に各種主要音源サイトを通じて会うことができる。/[email protected]

[写真] ISTエンターテイメント提供

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!