クァク・ジニョンが観客の感性を刺激する舞台で90分をいっぱいに満たした。

この日、クァクジン言は2019年に発表したシングル「あなたの姿」を歌ってオープニングステージを飾った。クァク・ジヌンは「Opシリーズを始めた時は暖かい春だったが、いつの日か寒くなった」とし「今回のOp.4公演は秋、冬季によく似合う曲を選んでみた。 p>

アルバム1集に収録された「私たちの間に」という曲と未発表曲「ある夜に」という曲を歌って観客の呼応を引き出した。また、クァクジン言は初めて観客に直接書いた手紙が書かれているブックマークをプレゼントしてファンたちの愛に報いた。を歌って舞台を甘くする。また、今年4月に発売したEPアルバムのタイトル曲「あなたのもの」をピアノ版と「秘密」、未発売曲「より素敵な」まで細曲を相次いで歌って観客の心をひきつけた。

クァク・ジン言は「望むなら」、「自由に」を歌って多彩な舞台をプレゼントした。この日の公演にはクラリネット、ベースのパク・ギフン、ピアノのチョン・ジニ、ギターのカン・ゴンフが参加して舞台の完成度を高めた。震えてそれでもっと良かった。 いろいろとプレゼントをもらえるようだ”と”常に席を満たしてくださる皆さんのために生きていくようだという考えをたくさんした”と再び観客に感謝の気持ちを伝えた。

続いて、クァクジン言は「私と一緒に」、「後悔」、未発表曲「秋の歌」とドラマ「私の解放日誌」OSTリメイク曲「一種の告白」、「誇り」を歌って最後のステージを飾った。観客たちのアンコールがあふれるとクァク・ジヌンは感謝挨拶を伝え、「忙しい渦中に訪ねてくれてありがとう。もっと良い公演と曲を聞かせるためにもっと一生懸命音楽をする」と付け加えた。クァク・ジンオンは「自慢」をアンコール曲としてプレゼントし、最後まで深い余韻を残した。 5、6日’Op.4’まで計10回進行された。公演は舞台と客席の距離を狭め、息吹まで交感する公演でファンの熱い呼応を得た。舞台で90分を満たした。クァク・ジンオンは去る5日、6日両日間ソウルベロージュ弘大で開かれた「クァクジン言小劇場コンサートOp.4」を成功裏に終えた。この日のクァクジン言は201

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!