0004738080_001_202211111060104864.jpg?type=w540″>

[OSEN=ジミンギョン記者]歌手蝶が自分の話を盛り込んだ新曲”春星花”でリスナーたちに慰めをプレゼントする。

最近ソウル麻浦区のあるカフェで行われた新しいシングル「春星花」発売記念インタビューで新曲についての話を伝えた。惨事による5日まで宣布された国家哀悼期間に同参の意を伝え、カムバックを延期した。今日(11日)発売日を新たに確定して活動を始める蝶は久しぶりに新曲に戻ってきた感想を聞くと「私も早く皆さんに良い音楽で挨拶したかったのに私が妊娠と出産の時間があって時間的な余裕がなかった。体も回復ができなくなったり、コロナも長くなったりして、状況や機会が余儀なくされた。出産後に子育てもしながら、WSGワナビーという良い機会に会って放送し、以後多くの方々が訪ねてくださり、これまで準備したことを今回お見せできるようになった」と明らかにした。

テンポのアル&ビージャンルで、メロマンスチョン・ドンファンと蝶が共同作曲に参加した。特に蝶は作詞にも参加し、率直な自分の話を盛り込んで共感をかもし出した。家事作業をした。歌詞は私に言うことでもありますが、私も今幸せですが、誰もが大変な時間があり、落ち込んでいる時間もあり、子育てと仕事を並行しながら体も心が疲れる時がありますが、そのときうまくやっている、大丈夫だと話してくれた」と説明した。

続いて「最近は悪いこともあったが、そんなときにこの歌を聞いて少しでも慰めになり、慰めになってほしいという気持ちだ。 「春別花」というタイトルが季節的な春ではなく、心の春という意味だ。大変でも皆さんの季節がいつも暖かい春、輝く星、咲く花であることをお知らせしたかった。真心を込めた私の歌詞と歌のメロディで皆さんを慰めたいと思って少しでも共感してくれたら感謝しそうだ」と付け加えた。歌詞を見れば「震えて頭」「焦点のない瞳」「曲がった肩」こんな言葉があるのに私の話だった。スケジュールのない日、子育てをしてみると本当にメンブンが来る時がある。子供と一緒にする生活がとても幸せだが体力的に休むことができないからメンタルが弱くなる時があるが、自分によく勝ち取っているという話をしてくれたかったし、私の周りにどうしてもお母さんの友達が多いからその友達も慰めたいと思った」と話した。 >

去る2月メロマンスの’プレゼント’をリメイクしてチョン・ドンファンと縁を結んで今回の新曲作業を共にすることになった。彼は「私がドンファン氏のピアノ演奏や音楽が好きで、ぜひ一度作業をしたいと思ったが、今回の機会がきた。今回は明るい曲をしたかった。既存に蝶すればバラード、別れの歌、高音をかけてこんなことを好きになってくれたのに明るいエネルギーを伝えたかったし、「遊べば何だから」でも明るい姿をお見せしたので、そんなコンセプトに行ってほしいと思った。ドンファンがコードを打つと、私がメロディを歌って自然に曲が完成した」と伝えた。歌いながらも癒しながら幸せに歌を聞いたし、聞き続けてもいい。よく出たようだ。ドンファン氏が編曲をとてもよくしてくれた。ドンファンさんがとても好きだったが、今回作業しながらさらにリスペクトしたのは、編曲的な部分、音楽的な部分があまりにも天才のようにすっかり出てくるからとても心強い。それでキム・ミンソクがとても羨ましかった。そんな音楽友達が隣にいるのがどれほど良いかと思った」と話して笑いを誘った。いろんな挑戦をしてみたいという気がしたと。彼は「私はもともと性格も明るく、陽気で肯定的で、そんなほうだが、これまでどうしても悲しいバラード曲を歌ってきた。最初にそんな曲がうまくいくから、以前の会社でもそんな曲を中心に活動した。今回WSGワナビーブラインドオーディションをしながら最初に「信号など」という曲を歌ったのにとても面白かった。メロディーを歌うのがとても楽しくて、そんな明るく軽快な歌をしたいという考えもした。様々なジャンルを試してみることができてとても良かった。アイドルの歌も歌い、踊りもして新しい挑戦を続けた。今後やりたいジャンルも多様化し、引き続き新しいことに挑戦してみたい」と伝えた。来年は公演を準備している。特別で途方もない計画よりはただ無駄に何事もなく行ってほしい。胸が痛くなることも多く、それで私も厳粛に見るからそんなことにもっと関心を持つようになる。みんなが別れなく仕上げられたらいいな」と明らかにした。/[email protected]

[写真]アルアンディカンパニー

Categories: K-Pop

智子 近藤

BTSのおかげで毎日楽しい日々を過ごしています。 K-Popニュース、任せてください! 常に最新ニュースをお届けします!